• ホーム
  • 芸能
  • 話題の“無重力”バイトが復活 一生に一度しか経験できない激レアバイトとは

話題の“無重力”バイトが復活 一生に一度しか経験できない激レアバイトとは

 間もなく入学のシーズン。新しく大学生になる人たちは、学校生活に慣れることと同時に、アルバイト探しにも精を出す時期。飲食店のスタッフ、家庭教師、チラシ配布……。仕事はさまざまあるが、世の中には、驚くような珍しいアルバイトも存在する。今回ご紹介するのは、「無重力調査バイト」。3月23日から募集が開始され、勤務日は1日、勤務地は県営名古屋空港だ。

 じつはこれ、タウンワークが今年の1月から開始し、今回、第6弾を迎える「激レアバイト」キャンペーンのなかの一つで、第1弾のときにも実施されて応募が殺到した、正式名「激レア宇宙バイト」。前回は、無重力空間に興味津々の3名が採用され、無重力環境が体験できるパラボリックフライトを利用して、無重力状態になる約20秒間で、よくあるアルバイトの作業ができるかどうかを調査した。

 その作業は、フライパン返し(料理バイト)、荷物の梱包(引っ越しバイト)、Tシャツたたみ(アパレルバイト)の3つ。1人2回ずつチャレンジしたのだが、1回目は全員が失敗。しかし2回目はそれぞれが1回目の経験を活かして、引っ越しの梱包とTシャツたたみにはギリギリで成功した。

 アルバイトを終えた3人は、「何事も経験してみないとわからない。まずは行動してみることが大事」「バイトをやっているときはしんどかったけど、いまは楽しい思い出という感も強い。しんどいことこそ今後の後押しになる」など、得られた経験や今後への教訓を語りつつ、貴重な体験に大満足の様子だったそうだ。

 なお今回は、より無重力の可能性に迫るべく、ウェイター・ウェイトレスとお客さんになり、上手にお水を注ぐことはできるのか、清掃員になり効率よく清掃ができるのか、などチームプレイが試される調査内容になるとのこと。興味が湧いた人は、ぜひ挑戦してみては?


⇒オフィシャルサイトはコチラ

タグ

オリコントピックス