• ホーム
  • 芸能
  • 嵐・相葉主演の“月9”に佐藤二朗、高田純次が出演

嵐・相葉主演の“月9”に佐藤二朗、高田純次が出演

 人気アイドルグループ・相葉雅紀(32)が主演する4月期のフジテレビ系“月9”ドラマ『ようこそ、わが家へ』(4月13日スタート、毎週月曜 後9:00)に、俳優の佐藤二朗(45)と高田純次(68)が出演することが明らかになった。佐藤は4年ぶり2度目の“月9”、高田は同局の連続ドラマ31年ぶりの出演で初“月9”となる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、直木賞作家・池井戸潤氏の同名小説が原作。相葉が演じる、気弱で争い事が大の苦手な主人公の倉田健太が、ある日、仕事帰りの駅のホームで、割り込み乗車をしようとした男を、柄にも無く注意する。それを境に、身の回りでさまざまな嫌がらせが起こり始め、健太と家族は、ストーカーの恐怖にさらされていく。時を同じくして、寺尾聰(67)が演じる健太の父・太一は会社の不正と闘うこととなる。ストーカーとの対決とともに、池井戸作品真骨頂の企業ドラマも描かれる、サスペンスタッチのホームドラマ。

 佐藤が演じるのは、沢尻エリカ(28)が演じる女性記者・神取明日香が勤める小さな出版社の編集長・蟹江秀太燒。明日香は、たまたま健太が割り込み乗車をしようとした男を注意した場に居合わせ、後日、健太がストーカーから嫌がらせを受けていることを知り、健太と家族に取材を申し出る。

 蟹江は、編集長として仕事はほとんど明日香任せの放任主義。だが編集者としては、小さな出版社には似つかわしくない敏腕であり、深い度量を持ち合わせ、後々、共にストーカーを追う健太と明日香にとっては心強い味方になりそうだ。

 一方、高田が演じるのは、父・太一の銀行時代の同期であり、人事部長代理の八木通春。出世レースから脱落し、取引先の中小企業へ出向することとなった太一の人事は他人事ではなく、それ故に太一を心配し、しばしば太一と会っては悩みを聞いたり、助言を行ったりする役どころとなる。



関連写真

  • 4月13日スタートの“月9”『ようこそ、わが家へ』に出演する佐藤二朗(左)と高田純次(右)
  • 4月13日スタートの“月9”『ようこそ、わが家へ』に出演する佐藤二朗
  • 4月13日スタートの“月9”『ようこそ、わが家へ』に出演する高田純次

オリコントピックス