• ホーム
  • 芸能
  • 嵐・相葉主演の“月9”に足立梨花、藤井流星が出演

嵐・相葉主演の“月9”に足立梨花、藤井流星が出演

 人気アイドルグループ・相葉雅紀が主演する4月期のフジテレビ系“月9”ドラマ『
ようこそ、わが家へ』(4月13日スタート、毎週月曜 後9:00)に、女優の足立梨花と、ジャニーズWEST藤井流星が出演することが24日、明らかになった。

 同ドラマは、直木賞作家・池井戸潤氏の同名小説が原作。相葉が演じる、気弱で争い事が大の苦手な主人公の倉田健太が、ある日、仕事帰りの駅のホームで、割り込み乗車をしようとした男を、柄にも無く注意する。それを境に、身の回りでさまざまな嫌がらせが起こり始め、健太と家族は、ストーカーの恐怖にさらされていく。時を同じくして、寺尾聰が演じる健太の父・太一は会社の不正と闘うこととなる。ストーカーとの対決とともに、池井戸作品真骨頂の企業ドラマも描かれる、サスペンスタッチのホームドラマ。

 足立は有村架純が演じる健太の妹・七菜(なな)の親友・保原万里江(ほばら・まりえ)役、藤井は七菜を追い回す元カレ・辻本正輝役にそれぞれ起用された。

 第32回『ホリプロスカウトキャラバン』グランプリ受賞をきっかけに芸能界デビューし、2013年の連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)で一躍、顔と名前が全国区となった足立は、同局系のゴールデン枠で放送される連続ドラマに初出演(“月9”も初出演)。

 「不安とワクワクといろんな気持ちが今の私に襲いかかってきていますが、自分の持っているものを全て出し切り先輩方にくらいついていきたいです! 新たな自分を出せるよう一生懸命頑張ります! 楽しみにしていてください!」とコメントを寄せている。

 藤井は『ミス・パイロット』以来、2年ぶり2度目の同局系連ドラ出演で、“月9”は初出演。「子どもの頃からずっと見ていた月9に出演することは1つの夢だったのですごくうれしいです! 七菜を追い回す元カレ役という今までに演じたことがない難しい役柄なので自分的にも挑戦になりますが、主演が事務所の先輩でもある相葉雅紀くんなので、背中を見ながら一生懸命頑張りたいと思います」と話している。



オリコントピックス