• ホーム
  • 音楽
  • Chage、5年ぶりTVの音楽番組に出演 まゆゆとデュエットも

Chage、5年ぶりTVの音楽番組に出演 まゆゆとデュエットも

 シンガー・ソングライターのChageが、TBS系で31日放送の『UTAGE! 春の祭典あの大ヒット曲を歌い踊る宴の2時間SP!』(後9:00)に出演することが23日、わかった。Chageがテレビの音楽番組に出演するのは、自ら司会を務めた『Mライブ』(同局系)の最終回、2010年3月23日以来、5年ぶりとなる。

 このほど行われた収録でChageは、スタジオに登場するなり、まず番組MCの中居正広(SMAP)との再会を喜び、「番組に呼んでくれてありがとう!」と笑顔。ゲストの一人、谷村新司は「Chageが元気で歌っているのがうれしいよ!」と感激していた。

 番組は、出演歌手たちが、1990年代、2000年代の名曲、ヒット曲などをカバーして歌い、盛り上がる音楽エンターテイメント。Chageは、軽妙かつ周囲を和ませるトーク力を遺憾なく発揮し、「カバーやコラボは緊張する」と話すほかの出演者に「ライブだと思えば大丈夫。まず自分たちが“音”を“楽しもう”」とアドバイスする余裕も見せていた。

 今回、Chageがカバーするのは90年代にヒットしたスピッツの名曲。さらに、自らの大ヒット・デュエットソング「ふたりの愛ランド」を、番組アシスタント・渡辺麻友(AKB48)と熱唱。テレビで同曲を歌唱するのは本当に久しぶりというChageとまゆゆの組み合わせに、出演者一同、総立ちで盛り上がった。

 最後に中居の「どうしても聴きたい!」というリクエストに応え、Chageがデビュー前の19歳の時に作ったという名曲を披露することに。しかも、Chageは山本彩(NMB48)によるギター伴奏を希望し、「女性のギター1本で歌うのは人生初」という同番組ならではのコラボレーションも実現する。



オリコントピックス