• ホーム
  • 芸能
  • カンニング竹山、最高月収2000万円を否定「テレビで話すわけない」

カンニング竹山、最高月収2000万円を否定「テレビで話すわけない」

 お笑い芸人のカンニング竹山が22日、自身のツイッターを更新。きょう放送されたTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前10:00)での「最高月収は2000万円」発言を「でまかせ」と否定した。

 竹山は同番組で、「ラッスンゴレライ」でブレイク中の8.6秒バズーカーから、「今後の夢を持ちたいので」とこれまでの最高月収を聞かれ、「2000万円だよ」とあっさりと告白。同行していた西川史子らも大きな声をあげて驚いていた。

 さらに、同局の『アッコにおまかせ!』(毎週日曜 前11:45)にも出演した竹山は、一発屋芸人の最高月収を当てるクイズコーナーで、MCのNON STYLE・井上裕介からまたもや最高月収を聞かれると、笑いながら「3兆円」と即答。井上から「数字を聞かれたらいつも3兆円と答えてますね」とツッコまれていた。

 番組放送後、竹山はツイッターで「正直言うとどっちもでまかせ」と明かし、「そんなことテレビで話すわけないだろ!」と自身がコメントした金額を否定した。ファンからは「あり得ると思いました」「信じちゃいました!」とコメントが寄せられている。



オリコントピックス