• ホーム
  • 音楽
  • さだまさし、17年ぶり連ドラ主題歌書き下ろし

さだまさし、17年ぶり連ドラ主題歌書き下ろし

 シンガー・ソングライターのさだまさしの新曲「夢見る人」が、TBS系ドラマ『天皇の料理番』(4月26日スタート、毎週日曜 後9:00)の主題歌に決まった。さだが連続ドラマ主題歌を書き下ろすのは、1998年放送の『ドラマシリーズ・家族 魚心あれば嫁心』(テレビ東京)のテーマ曲「やすらぎ橋」以来、17年ぶり。さだは「誰かのために頑張る人へ、そしてその人に応えるために懸命に夢を走る人へ捧げたい」と楽曲に思いを込めた。

 さだは42年におよぶ音楽活動の中で、『北の国から』や『オレゴンから愛』(ともにフジテレビ)など、今なお語り継がれる名作ドラマの主題歌を手がけてきた。TBSの連ドラに限れば、1987年の『親子万才』の主題歌「春女苑」以来、28年ぶりの主題歌となる。

 TBSテレビ60周年特別企画として放送される同ドラマは、明治からの昭和の激動期を舞台に、一口のカツレツがきっかけで、料理というものに夢を見て成長した主人公と、彼を支えた家族の愛の物語。俳優の佐藤健が主演し、黒木華、桐谷健太、高岡早紀、美保純、杉本哲太、鈴木亮平、伊藤英明、武田鉄矢、小林薫らが出演する。

 さだのもとに主題歌のオファーが届いたのは、昨年9月。主人公が包丁1本を片手に夢を追い、懸命に生きることで、周囲の人からも夢を託され、愛情を注がれ、成長していくストーリーと、番組プロデューサーの熱意にさだも共感し、オファーを快諾した。

 石丸彰彦プロデューサーは「時代を超えるノスタルジーと、人の温かさを描けるのは、さだまさしさんしかいない、と考え、主題歌の制作をお願いしました。くじけそうになる主人公の心を支える、人の温かさ、包み込むような愛情と時代感を、楽曲で表現してほしいとリクエストしました」と明かす。

 これを受けて、さだは「新しい楽曲を依頼されたとき、常に悩むのは、『聞いたこともない新しい自分を表現する』べきか、『今までの自分らしさを深く掘りさげる』べきか。この主題歌の制作を指名していただいた時、やはりその狭間で揺れましたが、石丸プロデューサーの『主人公を支えた女性』の視線で歌えないか?という一言で迷いは消えました」と振り返る。

 続けて、「僕らは常に自分の現実と自分の夢との狭間で悩み、迷います。しかし大好きな誰かを支えようとするとき、その迷いは消えます。つまり『その人の夢を支えたい』という一点に心が定まるからです。『夢見る人』という歌はそんな風に人を支え続ける人への応援歌です。愛すればこそ、その人の夢をかなえたいというのは、本当に深く純粋な“愛”だと思います」と話している。

 楽曲制作にあたり、さだが選んだのは、ヴァイオリンを中心としたオーケストラの響く壮大なバラード。楽曲制作には打ち込みによるオーケストラを使用しないポリシーを貫き、今回もオーケストラの生音が魅力な楽曲を制作。「夢」と引き換えに失ってはいけない、人としての誇りを歌詞に込めた。おおらかで、のびやかなバラードが、日曜の夜にテレビから流れ、ドラマを盛り上げていく。石丸プロデューサーも「愛と夢、そして時代を感じさせてくれる素晴らしい主題歌に仕上げていただき、感謝しています」とコメントを寄せた。



関連写真

  • 4月26日スタート、TBS系ドラマ『天皇の料理番』の主題歌をさだまさしが書き下ろし。タイトルは「夢見る人」
  • 昨年12月から今年2月にかけて行われたレコーディングの模様

オリコントピックス