• ホーム
  • 芸能
  • “画伯”田辺誠一「リップス&タン」マーク描く「魂を込めて描きました」

“画伯”田辺誠一「リップス&タン」マーク描く「魂を込めて描きました」

 以前から極めて独創的なイラストをツイッターで投稿しては話題を呼び、「かっこいい犬。」でLINEスタンプに参戦するなど“画伯”として活躍する俳優・田辺誠一が、ついに、世界的ロックバンドのローリング・ストーンズと“コラボ”した。

 株式会社バディーズでは、同バンドのシンボルマークである「リップス&タン」を田辺がアレンジしデザインした「Tシャツ」と「スマホケース」をきょう20日から発売。「リップス&タン」に“画伯流”の絶妙なゆるいアレンジが加えられ、田辺のタッチならではの仕上がりになった。

 きのう19日には自身のツイッターで「とあるミュージシャンさんのマークを自分なりに描きました」と予告していた田辺。今回のデザインについて「楽曲を聴きながら魂を込めて描きました。柔らかく可愛い新しいイメージでどんなファッションでも着やすいように心がけました」とコメントを寄せている。

 ヘタウマ過ぎるイラストにはファンも多く、これまでに田辺は、昨年9月に「LINEクリエイターズスタンプ」への参加を表明し、11月には完成し販売がスタート。その後、今年1月には『【かっこいい犬。】シリーズ』としての文具を発売。そのほかにも、女性ファッション誌『mina(ミーナ)』4月号では読者の悩みに答える新連載「田辺誠一さんがお答え!ゆるめの人生相談。」を開始している。



関連写真

  • 田辺誠一 (C)ORICON NewS inc.
  • 田辺誠一が「ザ・ローリング・ストーンズ」シンボルマークのコラボ商品を発表
  • 世界的ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」と田辺誠一がコラボ
タグ

オリコントピックス