• ホーム
  • 芸能
  • コワモテ俳優・六平直政が明かす松本人志の“凄み”

コワモテ俳優・六平直政が明かす松本人志の“凄み”

 俳優として数多くの出演し、近年ではバラエティでも、その“コワモテ”とは裏腹にチャーミングな魅力を振りまく俳優・六平直政。先ごろDVD発売された、『松本人志のコント MHK』にも出演し、本格的なコントに初挑戦。生粋の役者から見た松本人志の“凄み”を明かしてくれた。

■きっと松っちゃんも、現実に対して不満があると思う

――今回、初めてのコント出演になりますが、出演を決めたのはなぜでしょうか?
【六平直政】松っちゃんが天才だからだよ。今のテレビや映画って規制がたくさんある。だからこそ、本当にやりたいことがなかなかできないんだよね。きっと松っちゃんも、そんな現実に対して不満があると思うし、つまらないなって思っていると思うよ。でも、そこに屈することなく、面白いことをやろうという意地がすごくあるんだよ。自分の才能を持って、その道を切り開いてるんだよね。このコントは、ただのコントじゃなくて、映像作家・松本人志の作品。だから参加したんだ。

――松本さんの作品だからこそ、出演を決められたんですね。
【六平】もちろん。役者は何でも出演するわけじゃないからね。伊丹十三監督だから、北野武監督だから出るって決める。その人たちと一緒にやることに意味があるんだよ。

――となると、今後、ほかの方からコントのオファーがあっても出演はされないんですか?
【六平】しないよ。また松っちゃんから出演のオファーがきたらやるけどね。彼以外の作品は魅力を感じないから出ないと思う。

――その人間関係が素敵ですね。さて、現場の雰囲気はどんなものでしたか?
【六平】松っちゃんは真面目だから、現場はすごく真面目な雰囲気だったよ。やってることは意味の無いことだけど、意味のないことを真剣にやっているからすごく真面目。あの監督ぶりは、漫才師としての松本人志ではなく、監督としての松本人志だから、全然違う表情なんだよ

■松っちゃんは俺のこと好きだと思うんだよね(笑)

――六平さんは、このコントに2本出演されていますが、どのシーンが一番楽しかったですか?
【六平】2作といっても、1本はスケジュールが合わなくて、遺影の写真でしか出演していないんだよ。あのときはどうしてもスケジュールがあわなくてすごく悔しかったなあ。それでも、ちゃんと遺影として飾ってくれてたから、きっと松っちゃんは俺のこと好きだと思うんだよね(笑)。

――あはは。絶対にそうですね。
【六平】そうだよね(笑)。しかも、そのコントの最後に、松ちゃんがコメントを言うんだけど、それが一番楽しかった。「え〜、今回のコントの反省、評価としましては。六平さんのスケジュールが意外とないということ」って! 思わず噴き出したよね。そこが一番面白かったかな(笑)。

――コントのまとめで遺影に触れるという気の使い方がいいですね。
【六平】本当だよな。あらためて松本人志は面白いなっておもったよ。

■役者なんて板の上で輝けばいい、基本的にしょうもない人ばかりだよ(笑)

――ほかのコントで印象的だったのはありますか?
【六平】浜ちゃんが出ているのがよかったよね。俺は浜ちゃんとドラマで共演したことがあって、仲がいいんだよ。それで師匠と呼ばせてもらっているんだけど、あらためてダウンタウンのすばらしさを感じたね。あの年齢になって、二人でああやってコントをしている姿はすごく面白いし、やっぱり原点を感じるよね。

――観ている人もうれしいですよね。
【六平】そうだと思うよ。それに、2人はやっぱりそろって才能があると思うんだよ。この芸能界で売れていたり、生き残っている人には理由がある。何もなかったら売れないし、長持ちはしないからね。それは司会者、漫才師、政治家、そして役者もすべて一緒。スポーツ選手も特技がなかったら絶対に売れないから。ダウンタウンは超売れてるでしょ? それが結果なんだよね。それは何かを秘めているということ。たとえ、普段の行いがダメだったとしても!

――普段の行いですか!?
【六平】そうだよ。役者なんて、板の上で輝いていればいいの。基本的にしょうもない人ばかりだよ(笑)。

――(笑)。因みに六平さんって台本はすぐに覚えるんですか?
【六平】前日までにはちゃんと覚えるようにしているよね。本当は本番にちょっとみて、ちゃちゃっとやっちゃうのがカッコいいんだとおもうけど、俺はそういうタイプではないから。ちゃんと覚えていくことがスタッフさんへの礼儀だと思うしね。だって、スタッフさんは寝ずにずっとやってくれるのに、俺たちが覚えていかなかったらそれはダメでしょ。

――すごく素敵な心がけですね。
【六平】なに、当たり前のことだよ。でも、もし松っちゃんが作るコントにまた出てほしいというならオファーには応えるよ。ただ、俺は忙しいから、意外とスケジュールが取れないけどね(笑)。

(文: 吉田可奈)



オリコントピックス