• ホーム
  • 芸能
  • 田代まさし氏、5年ぶり報道陣の前に姿 芸能界復帰は否定

田代まさし氏、5年ぶり報道陣の前に姿 芸能界復帰は否定

 2010年10月に覚せい剤取締法違反などで逮捕され、昨年7月に出所した元お笑いタレントの田代まさし氏(58)が18日、東京・阿佐ヶ谷ロフトAで会見を開いた。田代氏が報道陣の前に姿を見せるのは、約5年ぶり。ろれつがしっかり回らない様子を見せながら「皆さんお久しぶりです。本日は私ごときのために集まっていただき、ありがとうございます」とあいさつ。「度重なる事件によっていろんな方を傷つけたりご心配をかけたことをお詫びします」と頭を下げた。

【写真】その他の写真を見る


 田代氏は、自身の経験を綴ったコミックエッセイ『マーシーの薬物リハビリ日記』(25日発売)の発売を受け、芸能界復帰もうわさされたことについて「本意ではありません」と否定し、現在は薬物依存症リハビリ施設「ダルク」にスタッフとして勤めていることを報告。

 同書の出版は芸能活動としてではなく「リハビリプログラムを受けているうちに、自身の回復には必要なものは仲間たちと手助けするということを勉強した。仲間たちの力になれたらと。薬物に手を出しそうな人の歯止めになれたら」と込めた思いを話した。

 久しぶりの報道陣を前に、田代氏は「すごく緊張しています」と表情を固くさせ、ろれつも回っていなかったが「僕はクスリをやっていると手の震えと滑舌がよくなります。もともと緊張しやすいので」と語り、人生設計には「芸能人専用のダルクをつくりたい。夢みたいなものですけれど」と、笑顔を見せていた。

 04年に覚せい剤取締法違反などで懲役3年6ヶ月の実刑判決を受けるなど、これまでに2度の服役生活を送ってきた田代氏だが、14年7月に東京・府中刑務所を出所。自身のブログで現在は薬物依存症リハビリ施設「ダルク」でリハビリを行っていることを報告していた。

 田代氏は午後7時半より同所にて、コミックエッセイの出版記念イベントを開催。日本ダルク代表の近藤恒夫氏、プロインタビュアーの吉田豪氏も出演し、チケットは既に完売している。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • 5年ぶりに報道陣の前に姿を見せた田代まさし氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 5年ぶりに報道陣の前に姿を見せた田代まさし氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス