• ホーム
  • 芸能
  • 金爆・喜矢武豊、鈴木梨央の父親役に起用 『お兄ちゃん、ガチャ』でキーパーソンに

金爆・喜矢武豊、鈴木梨央の父親役に起用 『お兄ちゃん、ガチャ』でキーパーソンに

 ゴールデンボンバーの喜矢武豊が、日本テレビで放送中の連続ドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(毎週土曜 深夜24:50)にゲストとして出演することがわかった。鈴木梨央演じる主人公・雫石ミコに行き先を告げず旅に出ていた父親・雫石ケーゴ役として登場する。

 人気脚本家・野島伸司氏が手がける同作は、お兄ちゃんを召喚できる“ガチャ”を手にしたミコが、最初にガチャで出てきたお兄ちゃん・トイ(ジャニーズJr.・岸優太)とともに理想のお兄ちゃんを探していくというファンタジー。岸の他にも今注目のジャニーズJr.の若手イケメンたちが勢ぞろいし、話題を集めている。

 今回、喜矢武は、ミコの母を演じる女優の野村麻純と2013年10月に同枠で放送された野島作品『49』(フォーティナイン)以来の共演。同作でも夫婦役を演じており、野島作品内でのつながりを感じさせる設定となっている。

 21日の放送回では、前世での記憶を取り戻したトイと離れ離れになってしまうミコ。寂しさを感じながらも、トイを祝福する。最終回(28日オンエア)では、ケーゴがミコに渡す“お土産”がとても重要なアイテムとなり、キーパーソンとしてクライマックスを迎える物語を盛り上げる。



オリコントピックス