• ホーム
  • 音楽
  • i☆Ris、“夢アド”に刺激受ける「見習いたい」

i☆Ris、“夢アド”に刺激受ける「見習いたい」

 アイドルグループ・夢みるアドレセンス(以下、夢アド)とi☆Risが17日、都内で行われたバンダイナムコオンライン・セガネットワークス共同開発新コンテンツ『ザクセスへブン』製作発表会に出席した。同作はスマホゲーム初の本格アニメーションRPGで、両グループがW主題歌を担当。夢アドは「フォトシンテシス」、i☆Risは「Believer’S HEAVEN」を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 声優としても出演する夢アドの志田友美は、過去にも対バンイベントなどで共演歴があるi☆RisとのW主題歌が決まり「一緒に主題歌と聞いて素直にうれしかった」と喜び、i☆Risも声をそろえて「私たちも本当に光栄です」とニッコリ。

 リーダーの山北早紀は「i☆Risは芸人要素があるので、夢アドさんの正統派なところを見習いたい」と憧れると、夢アドのリーダー・荻野可鈴は「むしろ私たちのほうが、しゃべったらだいぶひどい」と苦笑い。i☆Risの芹澤優が「これを機に仲良くなりたい!」と提案すると、双方ともに賛同していた。

 人気ティーンズファッション誌モデルを中心に2012年に結成された夢みるアドレセンスは、荻野、志田、京佳、山田朱莉、小林玲からなる5人組。あす18日にシングル「Bye Bye My Days」でメジャーデビューすることから、荻野は「きょうでインディーズ最後の日だと思うと、うれしいような寂しいような。これからも頑張れたらいいな」と抱負を語った。

 一方、声優とアイドルの両立を目指す“ハイブリッドユニット”のi☆Risは、山北、芹澤、茜屋日海夏、若井優希、久保田未夢、澁谷梓希からなる6人組。同作にも声優として“癒やしとときめきの物語”に出演することから、芹澤は「声で癒せるように頑張りたい」と意気込んでいた。

 製作発表会にはほかに、声優・前野智昭阿部敦古島清孝、國立幸も登壇した。



関連写真

  • 『ザクセスへブン』製作発表会に出席した夢みるアドレセンスとi☆Ris (C)ORICON NewS inc.
  • 「フォトシンテシス」を披露した夢みるアドレセンス (C)ORICON NewS inc.
  • 「Believer’S HEAVEN」を披露したi☆Ris (C)ORICON NewS inc.
  • 「フォトシンテシス」を披露した夢みるアドレセンス (C)ORICON NewS inc.
  • 「フォトシンテシス」を披露した夢みるアドレセンス (C)ORICON NewS inc.
  • 「Believer’S HEAVEN」を披露したi☆Ris (C)ORICON NewS inc.
  • 「Believer’S HEAVEN」を披露したi☆Ris (C)ORICON NewS inc.
  • 「Believer’S HEAVEN」を披露したi☆Ris (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス