• ホーム
  • スポーツ
  • ダル、あす右肘手術へ心境綴る 「野球界の発展に繋がる」と意気込み

ダル、あす右肘手術へ心境綴る 「野球界の発展に繋がる」と意気込み

 米大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有が16日(日本時間17日)、自身のブログを更新。あす17日に右肘の手術に臨む心境を明かし、手術は「愛する“野球界の発展”に繋がる」と強い意気込みを綴った。

 ダルビッシュは冒頭「右手首にある腱を肘に移植します。復帰までは一年になります」と改めて報告。続けて「小、中、高と痛みに弱く身体を痛めやすい体質でした。プロ2年目の途中までは身体的、精神的にも弱かったですが色々自分で気付けた事で色々工夫し、ここまで来られました」とこれまでの歩みを振り返り、「それを支えてくれたのが身体、特に右腕でした」と神妙に綴った。

 その上で「その右肘の靭帯と共に生きるのも今夜が最後です。寂しいですが、残念ではありません」と心境を吐露。

 「ただ強がりではなく不安も怖さもありません」と断言し、「もちろんファンの皆さんの前に戻りたい気持ちはあるので、色々な事を試しながら最大限の努力はします。今の正直な心境は落ち着いていて、前を向いてしかいないと言うことです」とした。

 ダルビッシュは「次に見る『ダルビッシュ有』は前より強いかもしれませんし、弱いかもしれません。これは”ダルビッシュ有の始まり”か”ダルビッシュ有の終わり”かはまだ判別がつきません」と手術の成否に不安のような心境ものぞかせつつ、最後は「ただ愛する”野球界の発展”に繋がる事は確実だと考えています。今まで応援してくださった方々、本当にありがとうございました」とブログを締めくくった。



オリコントピックス