• ホーム
  • 芸能
  • ジブリ鈴木敏夫氏、夢は“隠居” 宮崎駿監督に出社を「要求される」

ジブリ鈴木敏夫氏、夢は“隠居” 宮崎駿監督に出社を「要求される」

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー16日、都内で行われた『デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'14/第20回AMDアワード』(主催:一般社団法人デジタルメディア協会)の授賞式に出席。今後の夢について聞かれると「隠居の身ですよね」と笑いながら語った。

 毎年優れた制作活動を行った個人やグループを表彰している同賞。これまで多くの名作アニメを世に送り出してきた鈴木氏は、新設された『20周年記念特別賞』を受賞し、この日トロフィーを受け取った。

 鈴木氏は、「最近、『特別賞』が増えまして…。そろそろ引っ込めという意味かなと。僕としては、そういう思いもある」と自身の引退について言及。しかし、「宮崎駿が引退後も毎日会社に時間通りに来ておりまして、僕にも来ることを要求するんです」なかなか思い通りにいかないことを明かした。

 鈴木氏は、宮崎監督とは「若い時、『(風の谷の)ナウシカ』の時はよく言い争いをしていました」と振り返り、「大変勤勉で、『仕事はやらない、引退する』って言っても毎朝10時に会社に来る人です。気難しいが、要領を覚えれば難しくない」と笑顔で話した。



オリコントピックス