シャンプー選びのトレンドキーワードは「地肌」に

 ノンシリコンやオーガニックなど、目まぐるしく変化しているシャンプー選びのトレンドキーワード。今、もっとも注目されているものは何なのか…? oriconMEが20〜50代の男女2万人を対象に『シャンプー選びについての意識・実態調査』を行ったところ、93.0%シャンプーを選ぶ際に重要ししていることとして【洗っているときの地肌への優しさ】を挙げていた。

【写真】その他の写真を見る


 同調査によると、シャンプー選びにこだわりを持っていると答えた人は、【とてもこだわりがある】(11.0%)、【ややこだわりがある】(46.4%)となり、57.4%の人が何かしらのチェックポイントを持っていることが明らかに。その中でも「地肌に優しいもの」(20代男性・東京)、「健康な髪を育てるには、まず健康な頭皮でないといけないので、髪や頭皮に刺激を与える成分が入っているものは使わない」(40代女性・石川)など、地肌に配慮しているという声が多く寄せられた。

 その一方で、53.9%が【シャンプーはブランドや商品が多くて選ぶのに困る】と回答。また、【選んだシャンプーに対して失敗したと思った経験がある】と答えた人は72.0%に上っており、選択肢が多すぎるゆえに、自分に合ったシャンプーが見つけられない現状が浮き彫りとなった。

 多くの人が迷っているシャンプー選びだが、逆に、満足できたブランドはどんなものがあるのだろうか。2014年度に注目されたシャンプー男女別上位10ブランドを使用したことがある人を対象に、「洗っている時の地肌への優しさ」に対して満足度が高かったブランドを調査。その結果、頭皮ケアと毛髪ケアを両立させた機能性と、性別ごとの商品を展開している【クリア(ユニリーバ)】が男女共に1位を獲得した。なお、男性2位は【ウル・オス(大塚製薬)】、3位は【TSUBAKI(資生堂)】、女性2位は【セグレタ(花王)】、3位は【ジュレーム(コーセー)】【TSUBAKI(資生堂)】となった。

 これまでのシャンプートレンドを振り返ると、ノンシリコンシャンプーブームは“シリコンが毛穴に詰まる”という噂から広がっていった。この説はのちに各メーカーから否定され、ノンシリコンシャンプーブームは落ち着きをみせたが、「地肌に良いものを」という消費者のニーズはさらに高まっていった。そんな“地肌”に対する関心の高さや、多くの人が自分に合った満足できるシャンプーを求めていることが改めて明らかになった今回の調査。これから夏に向け、さらに注目を集めることは間違いなさそうだ。

<調査概要>
◆調査名:「シャンプー選びについての意識・実態調査」
◆調査期間: 2015年2月12日(木)〜2月17日(火)
◆調査地域:全国
◆調査対象: 20〜50代 男女計1000サンプル(男女各500サンプル)
◆調査方法:インターネット調査
◆調査機関:オリコン・モニターリサーチ
◆調査企画:株式会社oricon ME

◆調査名:「全国2万人によるシャンプーブランド利用者調査」
◆調査期間:2014年12月15日(月)〜12月22日(月)
◆調査対象商品: 2014年度注目のシャンプー男女別上位10ブランド
◆調査対象者:全国20〜50代の男女20000サンプル
◆調査機関:オリコン・モニターリサーチ
◆調査企画:株式会社oricon ME

オリコンランキングにあなたの意見も!アンケートモニター募集中

アンケートモニター募集中




関連写真

  • oriconME『シャンプー選びについての意識・実態調査』より
  • oriconME『全国2万人によるシャンプーブランド利用者調査』より

オリコントピックス