• ホーム
  • 音楽
  • ゲスの極み乙女。初の映画主題歌に抜てき「夢のような出来事」

ゲスの極み乙女。初の映画主題歌に抜てき「夢のような出来事」

 男女4人組バンド・ゲスの極み乙女。が俳優・岡田将生主演の映画『ストレイヤーズ・クロニクル』(6月27日公開)で初の映画主題歌を務めることが15日、わかった。ボーカル・川谷絵音は「自分が作った曲が映画で流れるというのは夢のような出来事で、音楽家なら必ず憧れることなので光栄です」と喜びを爆発させた。

 同作の主題歌、挿入歌に「ロマンスがありあまる/サイデンティティ」の2曲を書き下ろし、メンバーたちは「早く映画館で聴いて実感を得たいです」と心待ちに。主演の岡田も「作品を撮ってる時は毎日聴いてました。これで僕も“ゲス”になれた気がします。『ロマンスがありあまる』最高すぎます!」と太鼓判を押した。

 ある極秘機関によって生み出された“進化した”2組の特殊能力者たちが宿命によって引き合わされ、希望を未来に繋ごうとする者たちと絶望的な未来を破壊しようとする者たちとの壮絶な戦いと、能力者ゆえの葛藤や仲間との絆を描いた同作。

 ひと足早く鑑賞した川谷は「引き込まれすぎたのか終わったあと汗をかいていました。ここまで時間を忘れた映画はなかなかありません」と絶賛していた。



オリコントピックス