• ホーム
  • 芸能
  • “2015年の顔”杉咲花、ドラマ初主演「うれしさは大きかったです」

“2015年の顔”杉咲花、ドラマ初主演「うれしさは大きかったです」

 月刊情報誌『日経トレンディ』(日経BP社)のネクストブレイク“2015年の顔”に選ばれた女優・杉咲花(17)が、29日に放送されるテレビ朝日系単発ドラマ『化石の微笑み』(後11:40〜深0:35※一部地域を除く)で初主演を飾ることが12日、わかった。

 杉咲は1997年10月2日、東京生まれ。Cook DoのCMの豪快な食べっぷりがカワイイと話題を集めたほか、KDDI auのCMにも出演。数々のドラマや映画で豊かな表現力を発揮、個性的なキャラクターを演じてきた。その清楚でキュートなルックスもさることながら、2013年1月期のドラマ『夜行観覧車』(TBS)で反抗期の少女を熱演するなど、抜群の演技力で視聴者に高いインパクトを与える期待の若手女優だ。

 ドラマ初主演に「うれしさは大きかったです!」と杉咲。「どんな役でもそれを自分が演じるということに喜びと緊張があるので、いつもと同じ想いで撮影に臨ませていただきましたが、またひとつ作品を作ることができるという楽しみを感じながら現場に入りました」とプロ意識をのぞかせる。

 同ドラマは、昨年6月に発表された『第13回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞』大賞受賞作品。応募総数1495篇から選ばれた吉田光洋氏の作品で、認知症の祖母の世話をする女子高校生と、人と触れ合うのが苦手な男子高校生が、互いに困難を乗り越えて成長を遂げながら、小さな恋を実らせるまでを描いたヒューマンラブストーリー。

 杉咲が演じるのは、認知症の祖母の世話をしながら高校に通う、家族思いのヒロイン・中村彩美。大切な人たちの想いや悩みにそっと寄り添う、心優しい彼女が好きになったクラスメートは、実は人と手をつなぐのが苦手だった…!? “不器用な恋”に揺れ、家族のあり方に悩み、成長していく女子高生役をフレッシュに演じる。

 脚本を読んで杉咲は「人にやさしくしたい、そして、やさしい想いを大事にしたいと思いました。ドラマを観ていただいた方にそれを伝えることができたなら、すごくうれしい」と期待した。

 彩美の恋の相手で、“汚れることに敏感なあまり、人と手をつなぐことができない”という悩みを持つ同級生・宮原和哉を演じるのは、小関裕太(19)。また、祖母・幸子役で草笛光子、幸子の妹・京子役で草村礼子が出演。2人のベテラン女優が若い主演をしっかりと支える。

 自分で書いたシナリオが初めて映像化されることになった吉田氏は「本当にうれしい限りです。撮影現場では杉咲さんの存在感や表現力に圧倒されっぱなしで、特に和哉役の小関さんとのやりとりはみずみずしい魅力にあふれていて、自分で書いた内容なのに思わずときめきを感じたほどです」と喜びを語っている。

■『テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞』

 テレビ朝日が2000年7月に創設(主催:テレビ朝日、後援:朝日新聞社、BS朝日、東映、幻冬舎)。フレッシュで有能な脚本家の発掘および育成、制作現場の活性化と視聴率アップを目指すと共に、デジタル時代に向けたテレビ朝日のイメージアップを図ろうという意図で、企画された脚本コンクール。井上由美子氏、岡田惠和氏、両沢和幸氏という有名脚本家3氏が選考委員を務める。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ)などヒット作で知られる人気脚本家・古沢良太氏らを輩出している。



関連写真

  • 女優の杉咲花がドラマ初主演。テレビ朝日系単発ドラマ『化石の微笑み』は3月29日(後11:40〜深0:35※一部地域を除く)放送(C)テレビ朝日
  • 主人公・中村彩美役の杉咲花と、同級生・宮原和哉役の小関裕太による胸キュンシーン

オリコントピックス