• ホーム
  • 芸能
  • これは…社業?タレント業? “二刀流”坪井安奈が自社CM出演

これは…社業?タレント業? “二刀流”坪井安奈が自社CM出演

 会社員として働きながらタレント活動する“二刀流”OLタレントの坪井安奈(26)が、きょう13日オンエア開始のグラニ『神獄のヴァルハラゲート』の新CMに出演している。ソーシャルゲームの企画・制作などを行い、創業から史上最短で六本木ヒルズ入居を果たしたことでも話題のグラニ。実は坪井、同社でIT業界誌の編集長を務めるれっきとした会社員だ。

【写真】その他の写真を見る


 坪井は1988年滋賀生まれ。慶大卒業後の2012年4月に小学館に入社し、雑誌の編集業務に携わった後、14年1月にグラニへ転じた。

 「職業は一つじゃなきゃいけないって誰が決めたの?」。そんな思いで造語「OLタレント」を自ら考案。パラレルキャリアが叫ばれる時代に「会社員だって、仕事が一つじゃなくたっていいじゃん!」と、グラニ社員として働きながらタレント活動もこなす。

 会社はタレント活動を公認…どころか“応援”してくれる。タレント活動に土日限定などの制約はなく、平日に撮影があれば会社も喜んで送り出す。企業に所属するスポーツ選手のような「企業×タレント」という新しい働き方だ。

 “会社員”坪井は小学館時代の経験を生かし、昨年6月にアプリゲーム業界誌『Grand Style(グラスタ)』を創刊。この3月には第3号を発行するなど編集長として手腕を発揮する。“タレント”坪井も負けていない。グラビアを皮切りにテレビのバラエティー番組やファッション誌に登場、映画『あしたになれば。』(監督・三原光尋)では映画初出演も果たしている。

 CMは坪井を含む3人の女性がそれぞれ言葉を発し、それらが最終的に一つにつながる内容。坪井は「もう一人には、させないから」「あなたと、行きたい」を担当。どのようにつながるのかは見てのお楽しみだ。

 緊張のため前夜にお酒を飲んで撮影に臨んだという坪井。“OLタレント”としての1年間について「良いことの反面、大変なことも多かったです。OLとタレント、二つの仕事をやっているので時間と労力がかかるのはもちろん『中途半端に見える』という厳しい声もありました」としながらも「『どちらかを諦めるのでなく、どちらもやる方法を考える』というのが変わらない方針です」とあくまで信じた道を突き進む。



関連写真

  • グラニ『神獄のヴァルハラゲート』の新CMに出演しているOLタレントの坪井安奈
  • OLタレントの坪井安奈 (C)集英社/週刊プレイボーイ(C)井ノ元浩二
  • OLタレントの坪井安奈 (C)集英社/週刊プレイボーイ(C)井ノ元浩二
  • OLタレントの坪井安奈 (C)集英社/週刊プレイボーイ(C)井ノ元浩二
  • OLタレントの坪井安奈 (C)集英社/週刊プレイボーイ(C)井ノ元浩二
  • OLタレントの坪井安奈 (C)集英社/週刊プレイボーイ(C)井ノ元浩二
  • OLタレントの坪井安奈 (C)集英社/週刊プレイボーイ(C)井ノ元浩二
タグ

オリコントピックス