• ホーム
  • 芸能
  • Hey! Say! JUMP・山田涼介が明かす「ジャニーさんからの意志」

Hey! Say! JUMP・山田涼介が明かす「ジャニーさんからの意志」

 人気グループ・Hey! Say! JUMPのメンバーであり、『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で4代目金田一一役を演じるなど、俳優としても大活躍中の山田涼介が、大人気コミックを実写化する『暗殺教室』で映画初主演。10代の若手俳優に囲まれた現場で座長になった撮影の裏側、アイドル活動と俳優業に共通する「ジャニーさんからの意志」を、山田が語ってくれた。

◆屋根の上で演じたのは初めて(笑)

 原作は子どもから大人まで多くのファンから愛される人気作であり、現在はアニメも好評放映中の『暗殺教室』。そんな同作の実写化で映画初主演を果たした山田だが、今回の現場での俳優としての新たな発見や初めての体験を聞くと、力を抜いてリラックスした答えが返ってきた。そこからは、若くしてキャリアを積み重ねてきている俳優としての余裕も感じさせる。

「初めてというのはあまりなかったですね。なんだろう……。そう、屋根の上で演じたのは初めてです(笑)。すごく滑るので、屋根って気をつけないとあぶない場所だとわかりました。落ちたりはしていないんですけど、スタッフさんにいろいろ気を遣っていただいて」

 生徒役の10代の俳優たちが多い撮影現場では、山田は年長者であり座長。そんな立場から、やはりキャストやスタッフに気を遣うことも多々あったようだが、わきあいあいとした雰囲気のなかで自らも楽しみながら臨むことができたという。

「(年下のキャストがほとんどで)最初は戸惑いもありましたけど、そんなに歳の差を感じさせるほどの差でもなかったので、同じ目線でふつうに話していたと思います。たしかにジェネレーションギャップを感じる瞬間もあったりしましたけど」

「(ギャップを感じたのは)ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)の初代・金田一を知らないとか、ましてや亀梨(和也)くんの時代を知らない子もいて。そこはちょっと怒りました(笑)。まあ、そういうこともありつつ会話を楽しみましたし、みんなをまとめるための苦労とかはなかったですね。わきあいあいという雰囲気の撮影現場だったので、その輪を崩さないように、うまくみんなとコミュニケーションをとることを心がけていました。若い子たちばかりではなくて、同年代の菅田将暉くんもいましたし。将暉とは、(中島)裕翔が同じ作品に出演していたりするので、いろいろ話をしました。クランクアップしてからも連絡を取っています。将暉が忙しすぎてなかなか会えてはいないんですけど」

◆Hey! Say! JUMPは誰も想像できないことをやっていく

 漫画の実写化に際しては、演じる役者それぞれが各自のキャラクターを具現化し、実写の世界観を作り上げていくことの楽しさ、難しさ、苦しさに直面していることだろう。とくに原作ファンが多い人気作の主演ともなれば、考えなくてはならないいろいろなことがありそうだ。その点を山田に聞くと、目を輝かせて答えてくれた。

「非現実的なものを現実にすることって、やりたくてもなかなかできることではないし、やるからにはしっかりやらなくてはならない。それと同時にどこまでやってやろうかというチャレンジ精神が湧いてきます。教科書通りにやるのはもちろんなんですけど、どこかでそれを裏切ってやろうという気持ちがあるんですよね。そうきたんだ〜っていうような驚きを盛り込みたいというか」

 そこはアイドルとしての活動とリンクする部分なのかもしれない。Hey! Say! JUMPのコンサートでは、演出や構成のアイディアをメンバーで出し合っている。

「前回のライブでいうと“音を消して踊ろう”なんて、不安を感じた人もいるかもしれないけど、無音のなかでダンスがそろうことほどカッコいいことはないと思う。どこまで自分たちの力を見てもらえるかにピントをあわせて案を出してみたり、誰も想像できないことをやっていくのがジャニーさんからの意志だと思います。そういうところにもつながってくるのかと思います」

 そんな意識をもちながら切磋琢磨することで、グループとしても個人の活動でも常に輝きを放っているHey! Say! JUMPのメンバーたち。そんななかで山田がいま自分自身に磨きをかけたいことを聞いてみると、また力を抜いて答えてくれた。

「そうですね〜。(岡本)圭人とビリヤード勝負をしていて、25戦で先に13勝したほうが勝ちというなか、8勝9敗なんです。1回負けて1回勝っての繰り返しで、圭人がリードしているんですけどキワキワで、これに勝ちたいです。“陰で練習”どころか、実は陰でこっそり先生に教わっています(笑)」



関連写真

  • 山田涼介が映画初主演作『暗殺教室』で演じた潮田渚(C)2015フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (C)松井優征/集英社

オリコントピックス