• ホーム
  • 芸能
  • 『相棒』成宮寛貴“卒業”の最終話 水谷豊「右京でなければ泣いた」

『相棒』成宮寛貴“卒業”の最終話 水谷豊「右京でなければ泣いた」

 テレビ朝日系人気刑事ドラマ『相棒』(毎週水曜 後9:00)で、水谷豊演じる警視庁特命係・杉下右京の“相棒”を3年にわたって務めてきた甲斐享役の成宮寛貴が、今シーズン(『season13』)の最終回(18日放送)をもって卒業する。享はどういう経緯、理由で特命係を去るのか。多くを語れない中で水谷は「一つだけ言っておくと、僕がもし、杉下右京でなかったとしたら泣いただろうなと思いました。ただ、右京は泣くわけにいきませんので泣きませんでしたけど…。そんな感じです」と語り、期待感をあおった。

【写真】その他の写真を見る


 特命係の部屋の中で取材に応じた水谷と成宮。「この部屋でいろんなことがありましたから感慨深いですけど、まだ実感ないです。もう撮影がないなんて…」と寂しそうな成宮は、「30代前半という悩み多き時期に『相棒』という作品で水谷さんというすばらしい俳優さんからいろんなことを学び、貴重な時間を過ごすことができました」と感慨深げ。

 「『相棒』から受け取ったものを胸に、外に出て自分を試したいと思っているところです。そうやってもっと成長して『相棒』や水谷さんと“再会”できたら最高」と語ったところである異変に気付き、ショックの声をあげた。「あ〜、荷物が片付けられている! ちょっと〜待って」。

 成宮演じる甲斐享は、2012年10月、『season11』の初回スペシャル「聖域」に初登場。香港で運命的に出会った二人は右京から異例の“スカウト”という形で特命係に配属になった。この“人事”にはじめは反発し、若さゆえに捜査で暴走することもあった享だが、右京の類まれなる事件解決の能力を目の当たりにするうちに心を開いていく。

 当初、成宮は「2年」で卒業する予定だったが、水谷たっての希望もあって、3シーズン目に突入。水谷は「3年目だからこそできたことがたくさんあった。終わってしまう寂しさと一緒に3年目ができた喜びと、半々な心持ちです」と語る。

 『相棒』は、時にシリアスで時代を先取りしたテーマを扱い、時にコメディータッチに事件が描かれることもある。毎回さまざまなテイストの話が展開され、そのいずれも質が高くて面白いことが支持される要因の一つ。今シーズンは例年になく振り幅の広い硬軟織り交ぜたエピソードが紡がれた。水谷も「こんなにバラエティーに富んだ、世界観がまったく違うエピソードをやったシリーズも珍しかったと思います。『相棒』はどこへ行っても『相棒』になるということが試せた、『相棒』の世界の広がりを実感できるシーズンになりました」と自信をのぞかせた。

 そして、気になる最終回。成宮も「今までにない感じの最終回になっていると思います。甲斐享の集大成を込めました」とアピールしている。



関連写真

  • 人気ドラマ『相棒』に主演する水谷豊と“卒業”する成宮寛貴 (C)ORICON NewS inc.
  • この2ショットは今シーズンで見納め (C)ORICON NewS inc.
  • 3月11日放送の『相棒13』第17話より。片山雛子(木村佳乃)が久しぶりに登場(C)テレビ朝日
  • 3月11日放送の『相棒13』第17話より(C)テレビ朝日
  • 3月11日放送の『相棒13』第17話より。片山雛子(木村佳乃)が久しぶりに登場(C)テレビ朝日

オリコントピックス