• ホーム
  • 芸能
  • 福山雅治『魂ラジ』後枠が決定 関ジャニ・大倉忠義&高橋優がパーソナリティに

福山雅治『魂ラジ』後枠が決定 関ジャニ・大倉忠義&高橋優がパーソナリティに

 人気アイドルグループ・関ジャニ∞の大倉忠義とミュージシャンの高橋優が、4月4日よりスタートするニッポン放送『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(毎週土曜 後11:30)でパーソナリティを務めることが11日、明らかになった。28日で足かけ23年の歴史に幕を閉じる『オールナイトニッポンサタデースペシャル 福山雅治“魂のラジオ”』の後枠として異色タッグが伝統的なタイトルのもと“魂ラジ”の意志を受け継ぐこととなった。

 開局61周年となる同局では、過去にもあおい輝彦と佐藤公彦による『あおい君と佐藤クン』(1972年4月〜1980年12月)をはじめ、『長渕クンと藤岡くん』(長渕剛と藤岡孝章(現・藤岡藤巻)、長渕剛と世良公則による『長渕クンと世良くん』、『緒形クンと的場クン』(緒形直人・的場浩司)、近年では大倉の先輩である『TOKIOナイトクラブ 長瀬くんと松岡くん』(長瀬智也、松岡昌宏/1994年〜2008年)など伝説的な“男2人”による番組を放送してきた。

 一見、接点のなさそうに見える大倉と高橋だが、昨年11月にリリースされた関ジャニ∞のアルバム『関ジャニズム』に、高橋が楽曲「象」を提供。プライベートでも互いのライブに足を運ぶなど公私ともに親交が深い。関ジャニではドラムを担当する大倉と、シンガーソングライターとしてギターを操る高橋による、“音楽”をキーワードにした男同士の熱いトークが期待される。

 2013年4月から同局でレギュラー番組を担当してきた大倉は「福山雅治さんの大人気番組の後枠という事で大変重みがありますが、高橋優さんと僕でしかできない番組にしていければと思っております」と気合十分。「アーティストとアイドルという異色な組み合わせですが、同世代ならではの空気、違う目線の音楽感、生放送ならではの緊張感を持ちつつ楽しんでいけたらと思っております」と呼びかけている。

 一方、高橋も「オールナイトニッポンR、そしてGOLDと何度かパーソナリティを務めさせて頂いた事もありましたが、毎週、しかもこの時間帯で務めさせて頂ける事、そして聴いて下さる皆様への感謝の気持ちを忘れずに、自分に出来ることを精一杯尽くしていきたいと思います」と気持ちを新たにしている。



オリコントピックス