• ホーム
  • 芸能
  • “ワンピ”ルフィがドラマデビュー “ゴム人間”阿部寛と初共演

“ワンピ”ルフィがドラマデビュー “ゴム人間”阿部寛と初共演

 フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』の主人公、モンキー・D・ルフィが、4月11日放送の同局系『世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春〜人気マンガ家競演編〜(仮)』(後9:00)でドラマデビューを果たすことが10日、わかった。同アニメが実写ドラマとコラボするのは初となる。

 物語は、同アニメでルフィが悪魔の実“ゴムゴムの実”を食べ、カラダがゴムのように伸び縮みする特殊能力を身につけるというエピソードが題材。放送25周年を迎える『世にも奇妙な物語』に、1991年以来24年ぶりの出演となる阿部寛(50)を主演に迎え、ルフィはその1篇「ゴムゴムの男」に出演する。

 ストーリーは、阿部演じる抗争で命を狙われケガをしたヤクザの若頭・鬼頭が、入院先の病室で果物と間違え“ゴムゴムの実”を食べてしまい“ゴム人間”に。組からも邪魔者にされ自信をなくしている鬼頭だが、そこへ、ルフィが現れ、仲間の大切さを説き、ゴムの力で再起を決意する。

 ルフィと初共演となる阿部は「25周年という節目で24年ぶりに出演することになりうれしく思っています」と喜び「あの『ワンピース』ルフィと初共演ということで、どんなものになるか想像も付きませんが、こんな経験もないので、楽しくやらせていただきました。アニメと一緒になるのが楽しみです」とコメントを寄せている。



オリコントピックス