• ホーム
  • 芸能
  • 岡田准一、ひらパー園長続投 年間来園者数100万人達成で「クビ」回避

岡田准一、ひらパー園長続投 年間来園者数100万人達成で「クビ」回避

 大阪府枚方市のひらかたパーク(通称ひらパー)が7日、2014度の年間来園者数が100万人を達成(速報値104万人)したと発表し、昨年4月にひらパーの園長に就任した“超(スーパー)ひらパー兄さん”ことV6岡田准一の続投が決定した。岡田は、昨年3月1日から今年3月1日までの年間来園者が100万人を達成しないと「園長解任」のミッションが与えられていた。

 同園がここ5年間で100万人を突破したのは一度だけ。開園100周年の記念イヤーだった2012年度は94万人、地元出身の岡田の超ひらパー兄さんに就任で沸いた13年度も95万人にとどまっていた。岡田が園長就任後は、アイマスクをつけて絶叫マシンに乗る「目隠しライド」を企画するなど改革を行い、来園者数をホームページで公開。今年1月12日に90万人を突破してからは非公開となっていた。

 この日、同園で行われた『超ひらパー兄さん園長去就発表会』にVTRで登場した岡田は「僕の園長改革をみんなが応援してくれて、今年も園長を続けられることになりました」と来園者に感謝。「これからもひらパーの園長としてもっともっと、ひらかたパークを盛り上げていきたいと思っています。これからも園長、超(スーパー)頑張るでおま!」と意気込んだ。

 『ありがとうイヤー』と銘打ち、さまざまな施策を行うとしている同園は、あす8日からは園内5つのアトラクション(木製コースター エルフ、ジャイアントドロップ メテオ、ヘアピンコースター クレージーマウス、カイトフライヤー、ころっとろっこ)で、「おま」以外の叫び声が禁止となる「おまライド」がスタート。「おまー!」と叫ぶことができれば「おまのど飴」が無料でプレゼントされる。

 岡田が出演する新CM「着んのかい」篇、「おまライド」篇は、9日から関西地区で放送がスタートする。



オリコントピックス