• ホーム
  • 芸能
  • 福士蒼汰、右手負傷も3500人と握手敢行 シャドーボクシングで打撲

福士蒼汰、右手負傷も3500人と握手敢行 シャドーボクシングで打撲

 俳優の福士蒼汰(21)が7日、都内で行われる『福士蒼汰カレンダー2015.4〜2016.3』(東京ニュース通信社刊)発売記念握手会前に囲み取材に応じ、ブログで報告していた右手の負傷について説明した。

【写真】その他の写真を見る


 数日前、自主トレーニング中に右手を負傷したという福士は、肌色のテーピングを施して登場。「夜、走ったりしてて、公園でポールを相手に見立ててシャドーボクシングしていて(負傷した)」と説明し、「意外と(腕の)のびがよかったみたい」と苦笑いを浮かべた。

 「骨折とかじゃなく打撲。安静にしていれば大丈夫」と微笑んだ福士は、片手での握手になるものの、ファン3500人との握手会を敢行することに。「普段から人と会うとエネルギーをもらえる」と楽しみにしていた。

 “表福士”と“裏福士”をテーマに両面刷りされたカレンダーにちなみ、自身の“裏表”については「誰に対しても接し方が変わらないので、裏はないのかな」とニッコリ。俳優業では「普段とは真逆の悪い役をやってみたい」と意欲をみせていた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 負傷した右手にテーピングを施してイベントに登場した福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.
  • きょうのファッションは?福士蒼汰全身ショット (C)ORICON NewS inc.
  • 「打撲」した右手にはテーピング (C)ORICON NewS inc.
  • 『福士蒼汰カレンダー2015.4〜2016.3』の発売記念握手会を行う福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス