• ホーム
  • 芸能
  • マキタスポーツ連ドラ初主演 名作オマージュのパニック&アクションに挑戦

マキタスポーツ連ドラ初主演 名作オマージュのパニック&アクションに挑戦

 お笑いタレントのマキタスポーツがBSスカパー!オリジナル連続ドラマ第2弾『PANIC IN』(毎週金曜 後9:00)で連ドラ初主演を務めることが6日、わかった。マキタスポーツ演じる冴えない独身中年男が、バスジャックや未確認生物による様々な非常事態に巻き込まれるパニックドラマ。『スピード』や『沈黙の戦艦』などパニック&アクション映画のオマージュも登場し、マキタスポーツは「映画愛溢れるドラマとしてお楽しみいただけます」とアピールしている。

 43歳の車田寅雄(マキタスポーツ)は20年間務めた建設会社からリストラを言い渡され、求職中。毎回職を転々とし、その職場や通勤中に極限にヤバい状況へ巻き込まれるものの、そこには極限に可愛いマドンナとの出会いが待っていて…というストーリー。マキタスポーツは「肉体的にもハードな撮影でしたが、精一杯演じきりました。見どころはヒーローになりきれない、情けない、独りよがりな寅雄、自分自身と重なるところもあるかと」とコメントした。

 鈴木太一、木村好克、SABU、永野宗典の4人が各回の監督を務め、地上波のドラマではあまり使用されない大スケールのCG技術を駆使し、迫力と緊張感のある映像を届ける。そのほか、藤井美菜(第1話)、武田梨奈(第2話)、逢沢りな(第3話)など、各話ごとに変わる“マドンナ”との恋の行方もみどころとなる。

 また、マキタスポーツがボーカルを務めるビジュアル系ロックバンド『Fly or Die』が主題歌を担当。3月下旬の発売が予定されている。4月10日から放送開始。



オリコントピックス