• ホーム
  • 芸能
  • BS-TBSが4月期改編発表 新番組に田辺誠一・林修ら起用

BS-TBSが4月期改編発表 新番組に田辺誠一・林修ら起用

 BS-TBSは6日、TBS放送センターで「春の改編説明会」を開いた。「更なる進化へ!大いなる『満足』を目指して」を編成方針に、主な新番組はBS初レギュラーとなる俳優・田辺誠一(45)が日本史を掘り下げる『にっぽん!歴史鑑定』、予備校講師でタレントの林修(49)が世界的著作を解説する『林修・世界の名著』など5本。土日夜には新報道番組もスタートする。武田信二社長はあいさつで「もう一歩高く、遠くに飛ぶための改編」と趣旨を説明した。

 BS-TBSによると、改編率は全日帯18.0%、ゴールデン帯8.6%、プライム帯19.3%で、プライム帯の改編率が「やや大きい」としている。

 主な新番組は『にっぽん!歴史鑑定』(毎週月曜 後10:00)▽『林修・世界の名著』(毎週木曜 後11:00)▽女優の高島礼子(50)が京都などの“古都”を巡り絶景から歴史をひもとく『高島礼子・日本の古都〜その絶景に歴史あり』(毎週水曜 後10:00)▽『週刊報道 Bizストリート』(毎週土曜 後9:00)▽『週刊報道 LIFE』(毎週日曜 後9:00)──の5本。

 主な移行番組は『おんなの酒場放浪記』(毎週土曜 後11:00→毎週金曜 後11:30)▽『日本の名峰・絶景探訪』(毎週土曜 後9:00→毎週土曜 後10:00)▽『関口宏の人生の詩』(毎週水曜 後10:00→毎週日曜 後10:00)──の3本となる。

 佐藤秀一編成部長は「15周年の節目にふさわしく一皮むけた、積極視聴につながる番組を目指したい」と総括した。



オリコントピックス