• ホーム
  • 芸能
  • 比嘉愛未「運命の人はいる」“赤い糸”信じる

比嘉愛未「運命の人はいる」“赤い糸”信じる

 女優の比嘉愛未と俳優の満島真之介が4月2日スタートの読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『恋愛時代』(毎週木曜 後11:59)のクランクイン取材会に出席した。未練を残したまま離婚した元夫婦が、お互いに本気で結婚相手を探す一風変わったラブストーリーで、主人公の衛藤はるを演じる比嘉は、満島演じる元夫・早勢理一郎との関係性について「男と女という次元じゃないところで惹かれ合ってる。それこそ、私は運命の人っていると思うので、それがこの2人だと思う」としみじみ明かした。

【写真】その他の写真を見る


 比嘉は「運命の赤い糸なら切れない、いくら紙面で戸籍上離れたとしても切れない。だからこういう2人がいる。すれ違ったとしてもそういう2人は一生会わないとかそういう風にはならない」と持論を展開した。

 同じ沖縄出身かつ隣町で育ったという2人は早くも仲良しに。真剣に語る比嘉を横目に満島が笑いをこらえると「いいじゃない!なんで笑うの!」とふくれ顔で「素敵だなと思ってさ」と茶々を入れつつも、同調。会見中も息のあったやりとりを見せた。比嘉は満島に「お互い、人が好きでハッピーな人が好きというところは似ているのですぐ打ち解けました」と信頼を寄せ、満島も「同じ空気を小さい頃から吸ってた安心感がある。お互いに素晴らしいタイミングでこの作品に出会えた」とうれしげに明かした。
 
 クランクインでは花嫁衣装で撮影した比嘉は「初日の緊張感と本当にお嫁にいくようなドキドキ感」とよろこび「長時間は辛いですが、ウエディングドレスを着ると気分が上がりますね。幸せな気持ちになれました」と夢心地。満島も「こんな目の前でウエディングドレスは見たことがないので緊張しました」と感想を語っていた。



関連写真

  • 運命の”赤い糸”について持論を展開した比嘉愛未 (C)ORICON NewS inc.
  • 満島真之介 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)比嘉愛未、満島真之介 (C)ORICON NewS inc.
  • 読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『恋愛時代』クランクイン取材会に出席した(左から)比嘉愛未、満島真之介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス