• ホーム
  • 芸能
  • バンビーノ、リズムネタ「ダンソン」意味語る 仏語で“踊りましょう”

バンビーノ、リズムネタ「ダンソン」意味語る 仏語で“踊りましょう”

 お笑いコンビ・バンビーノが3日、都内で行われた映画『ソロモンの偽証』特別試写会に出席。『キングオブコント2014』決勝で披露し、話題となったリズムネタ「ダンソン」について、石山大輔(29)は「気持ちいい語感でやっている」ため全体的な意味は無いとしながらも「『ダンソン』はフランス語で“踊りましょう”っていう意味」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同ネタは、ダンスをしながら「ダンソン〜フィーザキ〜」と歌い、動物を狩っていくコント。石山が「サッカーでブラジルに留学している時に、このネタを思いついた」といい、ネタに出てくる「スーザカーザ」の『カーザ』はポルトガル語で“家”という意味と説明し、「海外に留学していないとできない言葉の響きが羅列されている」と語った。

 中高生を中心にブレーク中の彼らだが、「実感はない」と告白。リズムネタのライバルについて、石山は「8.6秒バズーカーと、クマムシです!」とカメラに向かって宣言。しかし、「中高生を狙って作っているわけじゃなかった。『ダメよ〜ダメダメ』なら分かるが、『ダンソン』をみんなでやってもおかしい」と苦笑いだった。

 映画『ソロモンの偽証<前篇・事件>』は今月7日、『ソロモンの偽証<後篇・裁判>』は4月11日より公開。



関連写真

  • 「ダンソン」の由来を明かしたバンビーノ (C)ORICON NewS inc.
  • ネタを披露するバンビーノ (C)ORICON NewS inc.
  • ネタを披露するバンビーノ=映画『ソロモンの偽証』特別試写会 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ソロモンの偽証』特別試写会に出席したバンビーノ・(左から)藤田裕樹、石山大輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ソロモンの偽証』特別試写会に出席したバンビーノ・(左から)藤田裕樹、石山大輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ソロモンの偽証』特別試写会に出席したバンビーノ・(左から)藤田裕樹、石山大輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ソロモンの偽証』特別試写会に出席したバンビーノ・石山大輔 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス