• ホーム
  • 芸能
  • 『ウロボロス』話題の”脱線”副音声、3・6放送の第8話で復活

『ウロボロス』話題の”脱線”副音声、3・6放送の第8話で復活

 先月に2度実施され、大きな話題を読んだTBS系ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』(毎週金曜 後10:00)の副音声放送「ウラバラス」が、6日放送の第8話で復活することが2日、わかった。刑事の龍崎イクオを演じる生田斗真、ヤクザの段野竜哉を演じる小栗旬、竜哉の腹心・深町を演じるムロツヨシという前回担当した3人に加えて、今回は警視庁の管理官・橘都美子を演じる吉田羊も加わる。

 第5話と第6話で実施された「ウラバラス」は、3人がドラマの放送中に見どころや撮影の裏話の公開を目的にしていたが、トークはすぐに脱線。「ムロの髪型が氷室京介に似ている」「劇中で生田がオムライスにケチャップをかける、そのかけ方が気に入らない」など、ドラマの放送中約1時間にわたって爆笑トークを繰り広げた。

 放送直後から、「ウラバラス」で話題になったキーワードがツイッターでトレンド入りするなど、視聴者以外にも面白さが拡散。出演していない女優の広瀬すずも「面白すぎなんだけどー!」とつぶやいていた。また、「副音声だと面白すぎてドラマの内容がわからない」という意見に「副音声&字幕表示で見ていると、どっちも理解できる」といった対策もやりとりされている。

 そういった盛り上がりを受け、2回の実施で終了予定だった「ウラバラス」の復活が急きょ決定。佳境を迎えて大きく展開していく本編も注目だが、豪華な4人によるスペシャルな副音声にも期待が集まりそうだ。



タグ

オリコントピックス