• ホーム
  • 芸能
  • ますます進化する“漫画家セット” デッサン人形まで登場

ますます進化する“漫画家セット” デッサン人形まで登場

 近年、“女子力高い”“豪華過ぎる”とたびたび話題になる少女向け漫画誌のふろく。『ちゃお』4月号(3月3日発売)には、昨年3月号で人気だった「今すぐまんが家!パーフェクトコミックセット」をさらにパワーアップした「究極まんが家セット」が登場。特に好評だったミニサイズのライトボックス(=トレース台)は、前年比約1.5倍の明るさを実現し、ペーパークラフトのマルチポーズ・デッサン人形(本誌とじこみ)も付いてくるなど、ますます進化している。

【写真】その他の写真を見る


 セットにはほかに、ミニ原稿用紙、コミックペン(太さ0.38ミリ)、16種類スクリーントーン、プロの漫画家描き下ろしのテンプレート(本誌とじこみ)をそろえ、この号だけで漫画を描くための最低限の道具はそろう。本誌には、1日1レッスン、1週間で漫画を描くためのテクニックを紹介する記事も掲載されている。

 「究極まんが家セット」以外にも、綴じ込みふろくとして、女児に大人気の『アイカツ!』のアクセサリーカードが付いてくるほか、本誌では『ちび☆デビ!』『ミルモでポン!』の篠塚ひろむ氏による新連載『プリプリちいちゃん!!』もスタート。ふろくも漫画も充実した4月号となっている。



関連写真

  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろくは「究極まんが家セット」
  • 2014年3月号のふろくより明るい!ライトボックス付き
  • 本誌綴じ込みふろくにはマルチポーズデッサン人形も
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のライトボックスとコミックペン
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のライトボックス
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のスクリーントーン
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のスクリーントーン
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のスクリーントーン
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のスクリーントーン
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のイラストテンプレート
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」のイラストテンプレート
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」の漫画テンプレート
  • 『ちゃお』4月号(小学館)のふろく「究極まんが家セット」の漫画テンプレート
タグ

オリコントピックス