• ホーム
  • 芸能
  • 岡田将生×鈴井監督ドラマでギネス世界記録誕生

岡田将生×鈴井監督ドラマでギネス世界記録誕生

 俳優の岡田将生主演、『水曜どうでしょう』などの鈴井貴之監督・脚本のテレビ東京系ドラマ『不便な便利屋』(4月スタート、毎週金曜 深0:12)で、ギネス世界記録が誕生した。鈴井監督は劇中で“ギネス世界記録”に挑戦するシナリオを描き、番組ホームページでチャレンジの参加を呼びかけた総勢1406人の一般人と共に2月28日、北海道赤平市ズリ山展望広場で、「1時間で作るスノーマン(雪だるま)の数(Most Snowmen built in one hour)」の新記録に挑んだ。

 これまでのギネス世界記録は、2015年2月15日「いいやま雪まつり」の参加者による1585体(2015年2月27日現在)だったが、今回のチャレンジでは2036体が作られ、記録を大幅に更新。ギネス世界記録を達成した。

 岡田は「(共演の)遠藤憲一さんと鈴木浩介さんと3人で目標は4体と言っていたんですけど、9体ぐらい作れてうれしかったです。あの強面の遠藤さんが、スノーマンを作ってる。何だこのギャップは!と。遠藤さんの作る雪玉は全然丸くないんですよ(笑)」とギネス世界記録への挑戦を楽しんだ。「せりふにもあるんですけど『簡単に偉業を成し遂げられることはない。みんなで力をあわせてすごいことができる』。その言葉通り実感させてもらった」と感慨もひとしおだ。

 鈴井監督は「本当に成功してよかったんですが、失敗バージョンの台本もあるんです。ガチでやってますからAパターン、Bパターンを用意してて、本当にBパターンにならなくてよかったと心から思っております」とホッとした様子。「人は1人では何もできないけど、多くの人たちが集まれば偉業を成すことも可能なんだというのを感じました。お子さんたちとか、みなさんが楽しそうに作っている姿を見るだけで感動しましたね。もうその時から胸いっぱいな思いになりました」と喜びをかみしめていた。

 同ドラマは、北海道の名も無き田舎町にある“便利屋”を舞台に、東京からやってきた新進気鋭の脚本家・竹山純(岡田)、おせっかいを絵に描いたような松井英夫(鈴木)、離婚歴3回の梅本聡一(遠藤)の3人が奇想天外で“ズレた”ストーリーを展開するコメディー。



関連写真

  • 岡田将生主演×鈴井貴之監督ドラマで「1時間で作るスノーマン(雪だるま)の数のギネス世界記録達成 (C)「不便な便利屋」製作委員会
  • 総勢1406人の一般人も参加 (C)「不便な便利屋」製作委員会

オリコントピックス