• ホーム
  • 芸能
  • 関ジャニ∞、春から日曜よるに新音楽バラエティー 『仕分け∞』3・21最終回

関ジャニ∞、春から日曜よるに新音楽バラエティー 『仕分け∞』3・21最終回

 人気アイドルグループ・関ジャニ∞の新番組がテレビ朝日系で今春スタートすることがわかった。新番組のタトルは『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:15〜深0:10※一部地域を除く)。関ジャニ∞とゲストアーティストが演奏とトークで熱い“ジャムセッション”を繰り広げる新音楽バラエティー。なお、同局系で2011年4月から土曜ゴールデンタイムに放送されている『関ジャニの仕分け∞』は今月21日をもって終了となる。

 関ジャニ∞メンバー全員参加の番組が土曜よるから日曜よるにお引っ越し。新番組は、東京・六本木にひっそりと佇むライブ&トークハウスという舞台設定で、関ジャニ∞にトーク力はもちろん、バンドとしての実力も存分に発揮して、文字通り“完全燃焼”してもらう。

 安田章大(メインギター)は「僕ら関ジャニ∞がバンドをやっていることを、より多くの皆さんに知っていただける第一歩」と気合が入る。丸山隆平(ベース)も「今回は自分がベースをやる上でサボってきた部分が、あからさまに浮き彫りになると思うんですよ(苦笑)。でも、逃げずにその現実と向き合って、自分の技術を強化していきたい」と向上心に燃える。

 番組には毎回、“若い世代”と“レジェンド世代”から年代の異なる2組のアーティスト(2ジェネアーティスト)がゲスト出演。耳なじみのあるヒット曲や話題曲を、関ジャニ∞と共にオリジナルアレンジでじっくりと聴かせる。ゲスト以外にも、ライブ&トークハウスの常連アーティストがセッションに参加。この番組でしか聴けない極上のライブセッションで、日曜の夜を熱く盛り上げる。

 ソロデビューも果たした渋谷すばる(メインボーカル&ギター)は「ジャンルを問わず、いろんな人とセッションしてみたい。どんな音楽が生まれるか自分でも想像がつかんけど(笑)、それだけに楽しみです」と期待を寄せた。

 ゲストアーティストとの絡みでは「この機会に皆さんの音楽に対する姿勢はもちろんのこと、その人の志の根幹に迫るトークも展開できたら」と横山裕(パーカッション)。大倉忠義(ドラム)も「普通バラエティーで絡まないようなアーティストの方々とご一緒できるというのも初めてなので、自分自身にとっても大きな刺激になるはず! その中で得たことを、僕たちのこれからの活動に活かしたい」と意気込む。

 また、関ジャニ∞のメンバーが持ち回りで、ゲストの“2ジェネアーティスト”の素顔や楽曲の制作秘話、歌詞に秘められた思いなどを取材し、本人たちの前でプレゼンテーション。7人7様、それぞれの感性でゲストに迫り、アーティストの知られざる魅力を引き出すとともに、関ジャニ∞も自らの新たな可能性に出会っていく。

 「トークも下手なりに頑張りたい」と錦戸亮(メインボーカル&ギター)。村上信五(キーボード)は「いい意味で関ジャニ∞のイメージも壊してもらえるんじゃないか、と期待してます」と話している。

 このほか、作詞家が選ぶ「J-POPのこの詞にしびれた」TOP5、ギタリストが選ぶ「J-POPのこのギターソロにしびれた」TOP5、ミキサーが選ぶ「この歌手の声量にしびれた」TOP5など、“音楽のプロがプロならではの目線でプロを選ぶ”リスペクト企画など、「音楽バラエティー」の看板に偽りなしのコーナーを打ち出していく。

 テレビ朝日・藤城剛プロデューサーは「日曜よるに関ジャニ∞の“笑って楽しめる音楽バラエティー”が誕生します。ファンの皆さんはもちろん、翌日からの学校や仕事で少し憂鬱な方も、日曜よるの『関ジャム』でお楽しみ下さい!」とコメントを寄せている。

■関ジャニ∞ コメント

【渋谷すばる】自分たちがホストを務める音楽番組ですし、皆さんに関ジャニ∞の音楽の部分をしっかり見てもらえる機会になったらいいな、と思います。ほかのアーティストの方々とセッションする機会って、普段はなかなかなくて貴重な経験やし、すごく嬉しいです。ジャンルを問わず、いろんな人とセッションしてみたいですね。どんな音楽が生まれるか自分でも想像がつかんけど(笑)、それだけに楽しみです。あと、トークでもアーティストの皆さんと深く話すことで、その方の曲の聴き方も変わってくるはず。僕自身、いろんなことを吸収していきたいです。

【錦戸亮】実は、これまではライブ以外で、コンスタントに楽器に触れる機会がなかったんですよ。なので、この番組を機にゲストの皆さんから演奏技術を学んで、ちょっとでも上手くなりたいです(笑)。トークに関しては、スタッフから『そんなに慣れてなくてもいいです。一生懸命やってくれれば、それもカラーになるので』と言われたんですよ。なので、トークも下手なりに頑張りたいと思います! 今回はいろんなアーティストが来てくださるので、本当に楽しみです。こんな機会は滅多にないので、ぜひゲストの方と一緒に写メも撮りたいです(笑)。

【丸山隆平】セッションが楽しみです! 僕は関ジャニ∞でベースを担当しているので、ほかのバンドのベーシストの方から、関ジャニ∞の活動だけでは気づかないところや、演奏技術を学べたらなって思います。今回は自分がベースをやる上でサボってきた部分が、あからさまに浮き彫りになると思うんですよ(苦笑)。でも、逃げずにその現実と向き合って、自分の技術を強化していきたいです。チャンスがあれば、みんなで楽器をシャッフルしてセッションしてみたいですね。僕自身、ベース以外の楽器も触ることで、新たな気づきもあると思いますから。

【安田章大】いろんなアーティストの皆さんとのセッションできるなんて…ぜいたくな機会! どんな話が飛び出すかも楽しみですし、気合が入っています。音楽で心を豊かにし、トークで刺激を受ける――そういった“この時間ならではの時間”を楽しんでいきたいです。この番組は、僕ら関ジャニ∞がバンドをやっていることを、より多くの皆さんに知っていただける第一歩。楽器に関しても毎回、2世代アーティストの皆さんから大きな影響を受けることになるでしょうし、自分たちがこれまでやってきたことを、さらに向上させる絶好の機会やと思っています。

【大倉忠義】この番組は、皆さんがこれまで抱いていた僕らのイメージとは、また違う一面を知っていただく機会になると思います。普通バラエティーで絡まないようなアーティストの方々とご一緒できるというのも初めてなので、自分自身にとっても大きな刺激になるはず! その中で得たことを、僕たちのこれからの活動に活かしていけたらな、と思います。自分たちでアーティストさんのことについて調べて、番組で披露するのも楽しみのひとつですね。そうすることで、より深くて、視聴者にも伝わるトークになるでしょうし、僕も今からワクワクしています。

【村上信五】音楽をメインに置きつつ、1時間でどれだけのことができるか…と模索しているところです。スタッフにも『この番組では各メンバーの役割分担を固定せず、流動的にやっていきたい』というお話をさせていただきましたし、いい意味で関ジャニ∞のイメージも壊してもらえるんじゃないか、と期待してます。また、2世代のアーティストの方々に来ていただくからこそ起こる化学反応も、この番組の最大にして独自の魅力! 自分たちはいい意味でフラットに臨みながら、この番組とゲストの皆さんに、いろんなものを引き出していただきたいです。

【横山裕】いろんなアーティストの方と絡むのが、今から楽しみですね。不安はまったくありません! アーティストの方とは普段あまり交流がないので、この機会に皆さんの音楽に対する姿勢はもちろんのこと、その人の志の根幹に迫るトークも展開できたらなって思ってます。自分たちも楽しみつつ、視聴者の皆さんにも楽しんでもらえるものをお届けするのが、何よりも一番! スタッフさんともいろいろ相談しながら、“いい音楽”、そして“いい番組”を作っていきたいです。

オリコントピックス