• ホーム
  • 芸能
  • マツコ・デラックス、コンビニ唐揚げへの執着 『びっくりぃむ』最終回

マツコ・デラックス、コンビニ唐揚げへの執着 『びっくりぃむ』最終回

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーが司会を務めるテレビ朝日系バラエティー『びっくりぃむ』は3月1日放送の2時間スペシャル『びっくりぃむ特別編 聞いて納得! 知ってびっくり!アレって何で不便なの?SP』(後6:57〜8:54)が最終回。スタジオに集まった芸能人たちが、日常生活で不便を感じる不満エピソードをここぞとばかりにぶち撒ける。

 マツコ・デラックスが声を大にして訴えたのは、「ド深夜、コンビニエンスストアに行くと唐揚げが売ってない!」 ということ。24時間営業を謳っているのに、夜中の客にはずいぶん冷たいのではないか、というのがマツコの言い分だ。

 しかしスタジオの意見は真っ二つに。「夜中にそんな脂っこいものを食べなくてもいいんじゃないか」という意見に対し、マツコは「それくらい怠惰な生活を送らないとこの体は保てないんだ」と衝撃の反論を繰り出す。

 そんなマツコの不満に、コンビニチェーン勤務経験のある流通アナリストの渡辺広明氏は、コンビニ業界側からの見解を述べる。ここで重要なキーワードとなったのは「買い支え」。業界的に「ハードルが高い」と言われる唐揚げなどのホットコーナー商品も、「1日○個」売れれば“売れ筋”として認定され、夜中でも唐揚げを販売する可能性があるというのだ。積極的に唐揚げを買うだけなら「やれないこともない…」とマツコは実践するべきかどうか、思い悩む。

 番組では、「なんでスーパーのレジは毎回あんなに並ぶのか?」「ゴミの分別ってこんなに必要なの?」「宅配便の“午前配達”にも時間指定を設けてほしい」など、日常生活におけるありとあらゆる不便を感じることを掘り下げていく。スタジオには各分野の専門家・有識者たちが集合。芸能人たちの不満にひとつひとつ耳を傾け、解決していく。

 出演は、くりぃむしちゅー、マツコのほかに、バナナマン北斗晶柴田理恵坂下千里子ほか。



関連写真

  • 『私は夜中に唐揚げが食べたいの!』深夜のコンビニ事情にマツコ・デラックスがモノ申す? 3月1日放送『びっくりぃむ特別編 聞いて納得! 知ってびっくり!アレって何で不便なの?SP』(C)テレビ朝日
  • (左から)バナナマン(日村勇紀、設楽統)、坂下千里子、柴田理恵、北斗晶、マツコ・デラックス、有田哲平(C)テレビ朝日
  • 昨年10月にスタートした『びっくりぃむ』が最終回(C)テレビ朝日

オリコントピックス