新垣結衣“先生”が労いの祝辞 生徒感涙

 女優の新垣結衣(26)が28日、都内で行われた映画『くちびるに歌を』の初日舞台あいさつに出席。同作で初の教師役に挑戦した新垣は、公開初日を迎えて出演した合唱部メンバー12人のキャストにサプライズで“卒業式”を敢行し、祝辞を読み上げた。

【写真】その他の写真を見る


 突然の出来事に互いを見つめ合う生徒たちを横目に、一人ひとりにメッセージを寄せた新垣。生徒を代表して卒業証明書を受け取った恒松祐里(16)は「こういうの本当にダメなの…」と感涙。「この一年間は私にとっていい経験になりました。この中学校を卒業したことを誇りにして頑張ります!」と涙ながらに飛躍を誓った。

 主演作が封切りとなり、新垣は「台本を読んだ時、どんどん気持ちが膨らんでいく。生徒たちの歌声だったり、それに向き合う姿勢だったり、撮影中にあんなにスタッフさんが涙することもない」とこれまでを回顧。「今後、辛いことがあったらこの映画を見て生徒たちの歌声に勇気をもらって前に進みたい」と感慨深げに話した。

 同作は、アンジェラ・アキの楽曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」をモチーフにした中田永一氏の小説を実写化。輝かしい才能を持つピアニストだった臨時教員の女性が、生まれ故郷の中学校の合唱部顧問として生徒たちと心を通わせていく。

 舞台あいさつにはそのほか、木村文乃(27)、桐谷健太(35)、三木孝浩監督(40)、合唱部メンバーの下田翔大(12)、葵わかな(16)、柴田杏花(15)、山口まゆ(14)、佐野勇斗(16)、室井響(15)、朝倉ふゆな(15)、植田日向(15)、高橋奈々(15)、狩野見恭兵(15)、三浦翔哉(18)が出席した。



関連写真

  • 生徒代表で卒業証明書を受け取った恒松祐里(前列左)と新垣結衣 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『くちびるに歌を』初日舞台あいさつに出席した新垣結衣 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『くちびるに歌を』初日舞台あいさつに出席した新垣結衣(中央) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス