• ホーム
  • 映画
  • 【日本アカデミー賞】岡田准一が最優秀主演&助演男優賞をW受賞 史上初の快挙

【日本アカデミー賞】岡田准一が最優秀主演&助演男優賞をW受賞 史上初の快挙

 V6岡田准一が27日、都内で行われた『第38回日本アカデミー賞』授賞式に出席。最優秀助演男優賞(映画『蜩ノ記』)と最優秀主演男優賞(同『永遠の0』)でW受賞を果たした。同賞始まって以来、助演・主演ともに最優秀男優賞という快挙を成し遂げた岡田は授賞式後、「本当にうれしいです。この場所に立たせていただけることもたくさんの人のおかげ。こういう賞を岡田に獲らせたいと思ってくれたおかげで奇跡が起きた」と感激した。

 最優秀助演男優賞の発表時点で早くも感極まっていた岡田だが、最優秀主演男優賞でも昨年の最優秀主演女優賞を受賞した真木よう子から自身の名前を呼ばれると、『永遠の0』で共演した俳優の三浦春馬、『蜩ノ記』主演の役所広司とガッチリ握手。壇上に上がると贈呈されたブロンズ像を片手で掲げ「本当にありがとうございます!」と喜んだ。

 岡田は「僕がここにいられるのも第一回の受賞者である“人が人を思うことの大切さ”を伝えた高倉健さん、第二回受賞の緒形拳さんにも『感情が動く時に人は見てくれるんだ』と言っていただいた。(緒形さんに)『芝居をやるには難しい環境かもしれないが、向いてるから続けなさい』と言っていただいて、なんとか続けてこられています」と大先輩たちに感謝した。

 さらに「『向いてる』と言われたのは芝居と格闘技しかなくて…」と笑わせ、デビューから20年を振り返り「何もできなかったんです。怒られ続けて、20年間にたくさんのスタッフさんや役者さんにいろんなことを教えていただいた…」としみじみ。「作っていくということを20年間で出会ったたくさんの方々に教えていただいて、このような素晴らしい場所に立てるようになりました。またここに帰ってこれるように精進してまいりますので、また誰かここに連れてきてください!」と呼びかけた。

 同賞受賞はジャニーズ事務所でも初めてのこと。過去にはSMAPの木村拓哉が『武士の一分』(2006年)での優秀主演男優賞を辞退。賞レースには消極的な姿勢をみせていた同事務所だったが、岡田がこれまでに20本以上の映画に出演してきたことから今回の参加を認め、受賞に至った。



オリコントピックス