• ホーム
  • 映画
  • 松重豊、杏と3度目の父娘共演 原恵一監督『百日紅』

松重豊、杏と3度目の父娘共演 原恵一監督『百日紅』

 女優のが声優として主演する長編アニメーション『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』(5月9日公開)のボイスキャストが追加発表された。杏が演じる主人公・お栄と父娘でもあり師弟でもある天才浮世絵師・葛飾北斎役で俳優・松重豊の出演が決定。杏と松重は、放送中のドラマ『デート 〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ)、生涯学習のユーキャンCMに続いて、3度目の父娘共演で、松重は「何か縁というものをすごく感じます」と語っている。

 同作は、2005年に亡くなった江戸風俗研究家で文筆家、漫画家の杉浦日向子さんの原作を、『河童のクゥと夏休み』『カラフル』を手がけた原恵一監督が映像化する作品。女浮世絵師・お栄が父・北斎や仲間たちとともに自由闊達(かったつ)に生きる姿が江戸の四季をとおして描かれる。

 松重は杏に対して「実の子とまではいかないですが、どこか親戚の子を見つめるような目線は僕の中にもあり、北斎とそこに立ち向かう娘という関係性を、杏ちゃんと作るというのは非常に楽しい作業でした」とニッコリ。アフレコでは「限りなく超えられない才能を持った父親の娘の視点から描かれている北斎を、原作の絵にあるような茫洋(ぼうよう)とした感じで、作りこまずに北斎の大きさみたいなものを表現したいと思い演じました」と話している。

 ほかに、濱田岳(池田善次郎役)、高良健吾(歌川国直役)、美保純(こと役)、清水詩音(お猶役)、筒井道隆(岩窪初五郎役)、麻生久美子(小夜衣役)、立川談春(萬字堂役)らが出演。こだわり抜いたキャスティングでアフレコを終え、原監督は手ごたえを感じている様子だった。

 また、まだ完成前にもかかわらず、早くもフランス、英国ほか6ヶ国での配給が決定。海外にも熱烈なファンが多い原監督の最新作であり、今もなお世界を魅了する浮世絵と江戸の美を題材にしていることから、さらなる海外展開も期待されている。



オリコントピックス