• ホーム
  • 映画
  • 【日本アカデミー賞】宮沢りえが最優秀主演女優賞「私の歴史の1ページ」

【日本アカデミー賞】宮沢りえが最優秀主演女優賞「私の歴史の1ページ」

 『第38回日本アカデミー賞』の授賞式が27日、都内で開催され女優・宮沢りえが7年ぶりの主演作『紙の月』で最優秀主演女優賞を受賞した。舞台の仕事の都合で会場を後にしていた宮沢の代理として、吉田大八監督がステージにあがり、「映画も演劇に負けない野心的な企画を持っていかないとな、と彼女がいない席を見ながら思いました。彼女がまた7年空いたら、もったいなさ過ぎると思います」と宮沢を讃えた。

 舞台の上演後、授賞式のテレビ中継に電話で出演した宮沢は「この作品に出会えたことは宝物。これからも志を高く頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。宮沢は来年度の同授賞式の司会を務めることになる。

 同作は、直木賞作家・角田光代氏の小説を実写化。銀行で真面目に働く主婦・梨花(宮沢)が、年下の不倫相手のために、巨額の横領事件を引き起こすサスペンス・エンターテインメント。公開初日に行われた舞台あいさつでは、吉田監督から「あなたがオファーを受けて、ヒロインの梨花が顔を持った瞬間に映画の運命が変わった」と感謝の手紙が読まれ、涙を流した宮沢の姿も話題となっていた。

 最優秀主演女優賞の発表前には、宮沢が「撮影は1年ほど前になりますが、華やかな場で素敵な賞をいただいて、『紙の月』という作品に出会えた大きさを感じています。私の歴史の1ページです」とコメントを寄せていた。宮沢の同賞受賞は、第26回(2003年)に『たそがれ清兵衛』で受賞して以来、2度目となる。



オリコントピックス