• ホーム
  • 映画
  • 神田沙也加、宮本亜門の助言に感謝「救われて今ある」

神田沙也加、宮本亜門の助言に感謝「救われて今ある」

 演出家の宮本亜門氏、歌手で女優の神田沙也加が25日、都内でディズニーの新作ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』(3月14日公開)の試写会トークショーイベントにサプライズ登場。2005年に宮本氏の演出で上演された同作の日本版で、ミュージカル初挑戦にして「赤ずきん」の大役を演じた神田は「亜門さんが『あなた自身を見て選んだんだから、自信を持って立っていいんだよ』って言ってくれた。救われて今があります」と感謝した。

【写真】その他の写真を見る


 その後も「亜門さんの演出を受けて、すごく楽しかった思い出とか挑戦があったから、これからもミュージカルをやっていきたいって」と感謝しきりの神田。「それを積み重ねていったから昨年、『アナと雪の女王』にも出会えました」と語った。

 当時の神田について、宮本氏は「オーディションでは、絶対舞台女優になるっていう生半可じゃない熱の入れよう。後で知ったけれど、足を痛めていた。弱音を吐かずにこれでもかっていうくらいやっていた」と振り返り、10年後の現在の姿に「沙也加、大人になったね。親のようにうれしいです」としみじみ話していた。

 同作は、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきんなど、おとぎ話の主人公たちのハッピーエンドの“その先”を描いたブロードウェイ・ミュージカルを映画化。3月4日のジャパンプレミアでは、神田が来日するメリル・ストリープらを前に同作の劇中歌「Children Will Listen」を披露する。



関連写真

  • (左から)神田沙也加、宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.
  • 神田沙也加 (C)ORICON NewS inc.
  • 宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『イントゥ・ザ・ウッズ』試写会トークショーイベントにサプライズで登場した(左から)神田沙也加、宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『イントゥ・ザ・ウッズ』試写会トークショーイベントにサプライズで登場した(左から)神田沙也加、宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス