• ホーム
  • 芸能
  • 三津五郎さん告別式 盟友・菊五郎が弔辞 「残念だ…」と悲痛

三津五郎さん告別式 盟友・菊五郎が弔辞 「残念だ…」と悲痛

 今月21日にすい臓がんのため亡くなった歌舞伎俳優の十代目・坂東三津五郎さん(本名・守田寿=もりたひさし 享年59)の告別式が25日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれた。弔辞を読み上げた歌舞伎俳優・尾上菊五郎(72)は「本当に残念だ」と声を振り絞りながら故人との思い出を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 「寿くん」と語りかけた菊五郎は「1月前に病状や今後のことを話したいということで君の家で二人きりで話したね」と回顧し「帰り際に『風邪を引かないようにね』と玄関で別れたのが最期。残念だ…」と悔やんだ。

 続けて「君は、若手を可愛がって育ててくれた。君の蒔いた種が花咲き、歌舞伎界を背負って立つと思うと、私も楽しみです」と感慨深げに話した菊五郎。喪主を務めた長男で歌舞伎俳優の坂東巳之助(25)に触れ「きっと、立派な役者にしてみせます」と誓った。

 また、神妙な様子で話す一方で「君は本当に趣味が多くて、野球やゴルフをした。お城も好きで自分の番組を持っていたね」とプライベートの一面を明かし「『姫路城が好きだ、彦根城が好きだ』と言っていたけど、君はキャバクラ嬢やホステス嬢も好きでした」と暴露。「どうか向こうの世界のネオン街でいい店を探しておいてください。私がそちらにいったらいい店を紹介してください。本当にこれまでお疲れ様でした。ありがとう」と冗談交じりに締めくくった。

 三津五郎さんは、2013年9月にすい臓がん摘出手術を受け、昨年4月に舞台復帰を果たしたが、同年秋に出演予定だった主演舞台『芭蕉通夜舟』の降板を発表。再び療養に専念していた。

 祭壇には、2009年に歌舞伎公演などの宣材用に撮影された写真を使用。三津五郎さんは晩年、生け花を好んでおり、トルコキキョウなど計4100の花や、2009年に授与された紫授褒章などが飾られた。



関連写真

  • 祭壇は三津五郎さんが生前好きだった白とブルーの和花で飾られている (C)ORICON NewS inc.
  • 坂東三津五郎(享年59)さんの遺影は2009年の歌舞伎宣材写真を仕様 (C)ORICON NewS inc.
  • 祭壇には2009年に受賞した紫綬褒章が飾られている (C)ORICON NewS inc.
  • 祭壇には三津五郎さんが生前好きだった白とブルーの和花で飾られている (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス