• ホーム
  • 芸能
  • 寺島しのぶ、“パリ在住計画”を明かす!?

寺島しのぶ、“パリ在住計画”を明かす!?

 株式会社JTBワールドバケーションズと雑誌『クロワッサン』が、フランスを大々的に取り上げるコラボ企画をスタート。イメージキャラクターにはフランス観光大使を務めたこともある女優・寺島しのぶが選ばれた。そんな彼女が、枯渇することのないフランスの魅力、さらに今後の“パリ在住計画”についても明かしてくれた。

 寺島といえば、女優としても確固たる地位を形成しつつ、2007年に日本在住のフランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏と結婚、2年半前には男児を出産し母親としての側面も併せ持つ。夫の故郷ということもあり、フランスを頻繁に訪れる寺島にとって、パリの街並みは“特別な景色”といえるだろう。

 「(夫の)ローランが観光名所に行かせてくれないの。日本人がいないほう、いないほうへ連れていかれるから。友達の家に泊まって、そこで飲んで終わるみたいな(笑)。私だけでは行けないようなところばかりで、そこを歩くのがまた楽しいんです」と、“リアル”なパリジャンの生活を明かす寺島。観光地にはない魅力がそこにはある。

 2年半前に男児を出産して以来、フランスに対する変化が生じたという寺島。「子どもが生まれてからは一層フランスへの思いが強くなりました。1年間ずっとは無理でも、行き来する頻度を多くしてパリで1年は暮らすっていう計画を抱いているんです」と、今後のパリ長期滞在計画を明かすスペシャルインタビューは、「クロワッサン」3月10日発売号で読むことができる。

⇒JTB公式サイトはコチラ
⇒『クロワッサン』公式サイトはコチラ

タグ

オリコントピックス