• ホーム
  • 芸能
  • 嵐・相葉雅紀、初“月9”も恋愛色なく苦笑「びっくりしました」

嵐・相葉雅紀、初“月9”も恋愛色なく苦笑「びっくりしました」

 人気アイドルグループ・相葉雅紀が23日、都内で行われた4月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『ようこそ、わが家へ』(毎週月曜 後9:00)の取材会に出席。同枠で初出演&初主演を務める相葉は、「最初に聞いたときはびっくりしました」とオファー時を回顧し、クランクイン前の心境を明かした。

 同作は、『半沢直樹』(TBS系)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)の原作者として知られる池井戸潤氏のミステリー小説が原作。“月9”史上初となるサスペンスタッチのホームドラマで、相葉演じる主人公ら家族4人がストーカー的な嫌がらせに苦悩し、翻弄されながらも解決を目指す。

 「最近はそうでもないけど、僕が小学生の頃はモロ(ラブストーリー路線)だった」と月9に抱くイメージを語った相葉。「『月曜9時でお願いします』って台本を渡されて読んだら、まるでラブ(要素)がないのでびっくりしました」と笑いながら話した。

 念願の大役だが、月9経験者の松本潤(『失恋ショコラティエ』)、大野智(『鍵のかかった部屋』)らメンバーは「何も言ってくれない」とがっくり。「多分だけど、メンバーのみんなは僕がストーカー役だと思ってるのかも…」と苦笑いしながら、「ぜひ、観てほしい!」と呼びかけていた。

 劇中では相葉演じる主人公の父親を寺尾聰、母親を南果歩が演じる。今作で初共演の役者も多く「すげー楽しみ」と心躍らせた相葉は、「僕としても新しい挑戦。新しい月9をお見せします!」と力強く意気込んだ。



オリコントピックス