• ホーム
  • 音楽
  • 氷川きよし、ユニット結成に意欲? 山川豊&氷川が後輩をサプライズ祝福

氷川きよし、ユニット結成に意欲? 山川豊&氷川が後輩をサプライズ祝福

 3人組新世代歌謡グループ・はやぶさ(ヒカル、ショウヤ、ヤマト)が22日、千葉県船橋市のイオンモール船橋でデビュー3周年イベントを開催した。同じ事務所の先輩、山川豊氷川きよしもサプライズで祝福に駆け付け、氷川は「生きてれば悩みはつきないと思うけど、悩みがあるからエネルギーになる。先輩として応援しているので、安心して歌を歌ってもらいたい」と後輩にエールを送った。

 この日、先輩が来ることを全く知らされていなかったというはやぶさは、「ハッピーバースデー」を歌いながらイオンモールのエスカレーターを降りてくる先輩の姿を見つけると、放心状態。大歓声のなかステージに登場した山川は「(サプライズなので)トイレも行けなかったよ!」と初っ端から笑わせた。その後、はやぶさがこの日のために作ってきた3周年オリジナルソングを披露すると、司会の西寄ひがしが「きよし君も3人のために歌を作ったので」とむちゃ振り。すると、氷川はアカペラで3月4日発売の新曲「さすらい慕情」を熱唱。山川も負けじと3月発売の新曲「螢子」を歌い、周囲から「宣伝上手!」と突っ込まれていた。

 氷川は息がピッタリ合ったパフォーマンスをするはやぶさを見て、「うらやましい…」とポツリ。「僕もメンバーを募ってユニットやりたい」と願望を明かすと、記者から「山川さんと氷川さんでユニットを組んでみては?」と提案が。2人とも「一緒にやったら絶対楽しいだろうね」とまんざらでもない様子だった。

 自身の3周年の頃は「無我夢中だった」と振り返った山川は「4年目になると、やっぱり厳しさとか、つらさ、壁にぶち当たることもある。だから人がやらないことをやりなさい、と。当たり前のことをやってちゃダメ」とアドバイス。その言葉を胸に、はやぶさも「2015年、新幹線のはやぶさのようなスピードで、小惑星探査機のはやぶさのように快挙を達成できるように頑張りたい」(ショウヤ)と決意を新たにしていた。

 また、「僕は3年目の時、「きよしのズンドコ節」と「星空の秋子」を発売したんですけど、この先、歌手として一生歌っていけるのかなって葛藤した時期でした」と明かした氷川は、長く歌っていく秘訣について聞かれると「山川先輩を見習って」と回答。山川は「僕は大した先輩じゃありませんけど、いろんな話をしています。個人的な悩みも相談してもらったりもしますし」と、先輩、後輩の絆の深さが垣間見えるエピソードを語った。

 はやぶさは2012年2月22日にシングル「ヨコハマ横恋慕」でデビュー。MVやイベントなどで披露する“はやぶさポーズ”と呼ばれるユニークな振り付けが話題となり、昨年10月発売のシングル「ロマンティック東京」はオリコンで総合TOP20入りするなど人気を拡大。最近はストリートライブにも力を入れており、素朴で誠実な人柄と、歌唱力や不思議なダンスで、幅広い世代から注目を集めている。



オリコントピックス