• ホーム
  • 映画
  • 高畑勲監督『かぐや姫の物語』が3.13にテレビ初放送

高畑勲監督『かぐや姫の物語』が3.13にテレビ初放送

 2013年に公開されたスタジオジブリ・高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』が3月13日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送されることがわかった。23日(現地時間22日)に発表される米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門にも高畑作品としては初めて、また宮崎駿監督『風立ちぬ』以来となる日本映画としてノミネートされ受賞が期待される同作。通常から放送を1時間繰り上げ、午後7時56分より完全ノーカットで送る。

 日本最古の物語といわれる『竹取物語』をベースに“誰も見たことのないかぐや姫”として、ひとりの少女・かぐや姫の犯した罪と罰を描く、真実の物語。色彩豊かな里山を背景にした美しい映像表現もみどころの一つとなっている。アカデミー賞のほかにも、ロサンゼルス、ボストンの映画批評家協会賞を受賞するなど世界中からも注目を浴びている。

 同局・谷生俊治プロデューサーは「世界が驚き、絶賛した理由は、観ていただければきっとお分かりいただけると思います。スタジオジブリでしか作りえなかった、全く新しい『かぐや姫の物語』。ぜひ、ご覧ください!」と呼びかけている。



関連写真

  • スタジオジブリ『かぐや姫の物語』が『金曜ロードSHOW!』にて3.31にテレビ初放送 (C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK
  • 米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門にもノミネートされたスタジオジブリ『かぐや姫の物語』 (C) 2013 畑事務所・GNDHDDTK

オリコントピックス