• ホーム
  • 芸能
  • 福田こうへい、初座長公演で父子共演「おもちゃでつっちゃいました」

福田こうへい、初座長公演で父子共演「おもちゃでつっちゃいました」

 演歌歌手の福田こうへい(38)が19日、今年7月の初座長公演『福田こうへい特別公演』を前に都内で記者発表会を開いた。公演で、故三橋美智也さんの世界を表現する福田だが、長男・暉穏(きおん)くん(8)が、幼少期の三橋さんとして登場することがこの日発表され、「(出演するよう)おもちゃでつっちゃいました」と明かして笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 暉穏くんは現在小学2年生。芸歴はないが、年齢が三橋さんの幼少期に適していたことから出演が決まった。

 「家にいると根性なしなので、大きな場所で度胸試しをしてもらいたい」と胸の内を明かした福田だったが、「10代になれば本格的に民謡をやるかもしれないし、これはいいキッカケ」と期待しつつ、「おもちゃでつっちゃいました」と“内実”を暴露して笑わせた。それでも、出演話が舞い込んですぐに暉穏くんに電話すると、はっきり出演の意志を示したという。

 父の代から思い入れのある三橋さんをテーマにする福田は、大きなプレッシャーを感じている様子。「三橋さんに似ているステージにしたい。歌を一曲一曲聴いて、それに近づければ」と研究に余念はないが、心配なのは「芝居」といい、「はっきり言ってできないですね」「努力はしますが…」と終始“弱気”な発言で笑いを誘っていた。

 初座長公演『福田こうへい特別公演』は、大阪・新歌舞伎座で7月10日〜31日に開催される。



関連写真

  • 長男・暉穏くんとの共演を果たす福田こうへい (C)ORICON NewS inc.
  • 初座長公演『福田こうへい特別公演』で愛息子と共演を果たす福田こうへい (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス