• ホーム
  • 音楽
  • 【まれ】朝ドラ史上初、ヒロイン作詞のテーマ曲 土屋「つながりたい」

【まれ】朝ドラ史上初、ヒロイン作詞のテーマ曲 土屋「つながりたい」

 NHKは18日、3月30日よりスタートする連続テレビ小説『まれ』(月〜土 前8:00 総合ほか)のオープニングテーマ曲が、ヒロイン・津村希(つむらまれ)を演じる土屋太鳳が作詞した「希空〜まれぞら〜」に決まったと発表した。ヒロイン作詞のテーマ曲は連続テレビ小説“初”。土屋は「『まれ』の世界と一緒に歌も愛していただいて、観て下さる人の心とつながり合えたらうれしい」とコメントしている。

 同ドラマは、小学5年生の時に、父親が破産寸前になり、家族で夜逃げのように都会から北陸・能登の漁村に移ってきた希が、個性的な同級生たちと友情を育みながら自分の夢を見つけ、一流のパティシエを目指して歩んでいく姿を描く。

 北陸新幹線の開業で注目が集まる能登が舞台。「能登のロケで感じた空気の気持ちよさや、自分自身が今まで生きてきた中で感じてきたことを、大切な人に伝えるつもりで書きました」(土屋)。

 タイトルも土屋が考えた。ヒロインの名前・希の漢字を当てて「希空」。

 「能登でロケをしていた時に、外からの文化を持ってきてくれる人を『まれびと』というと聞きました。人はいろいろな気持ちで空を見る時があると思うけど、空って本当はどんな遠くの文化や場所や人ともつながってると思うので、『まれびと』の響きを借りて、『まれぞら』という言葉はどうかなと思いました」と解説。「能登の空の美しさが忘れられなかったし、実はその空が、世界中につながっている一つの空の一部だという事も、素敵なことだなと思います」と思いを込めた。

 作曲は、アニメ『機動戦士ガンダムUC』や『進撃の巨人』の音楽を担当した澤野弘之氏が担当。「誰もが口ずさめるような合唱曲」というテーマで作成した。子どもから大人まで15人ほどスタジオに集めて、レコーディング。手作り感あふれる合唱曲に仕上げた。なお、タイトル映像は昨年の秋、能登で150人以上の地元の人たちを集めて、土屋を中心に撮影した。

■「希空〜まれぞら〜」

さあ翔(か)け出そうよ、今すぐに  未来が今は遠くても
ひとりぼっちのままで 泣く夜(よる)が続いても 本当のわたしへ
風が強く冷たいほど 教えてくれる 出会うべき人のことを
どうか希望の地図を そっと開いてみてね
あたたかい未来たちが僕らを待っているよ
さあ旅にでよう、おそれずに 小さな一歩だとしても
出会うはずの場所が 出会うはずの人たちが あなたを待っている

■近年の朝ドラ主題歌

2014年後期『マッサン』「麦の唄」/中島みゆき
2014年前期『花子とアン』「にじいろ」/絢香
2013年後期『ごちそうさん』「雨のち晴レルヤ」/ゆず
2013年前期『あまちゃん』オープニングテーマ/大友良英
2012年後期『純と愛』「いちばん近くに」/HY
2012年前期『梅ちゃん先生』「さかさまの空」/SMAP
2011年後期『カーネーション』「カーネーション」/椎名林檎
2011年前期『おひさま』「おひさま」/渡辺俊幸
2010年後期『てっぱん』「ひまわり」/葉加瀬太郎
2010年前期『ゲゲゲの女房』「ありがとう」/いきものがかり
2009年後期『ウェルかめ』「あの子の夢」/aiko
2009年前期『つばさ』「愛の季節」/アンジェラ・アキ
2008年後期『だんだん』「縁の糸」/竹内まりや
2008年前期『瞳』メインテーマ曲/中川英二郎
2007年後期『ちりとてちん』The Wonder Years〜あの素晴らしき歳月(としつき)に〜/佐橋俊彦
2007年前期『どんど晴れ』「ダイジョウブ」/小田和正



オリコントピックス