• ホーム
  • 芸能
  • 鮎川誠、シーナさん通夜で涙「最後までロックを選んだ」

鮎川誠、シーナさん通夜で涙「最後までロックを選んだ」

 今月14日に子宮頸がんのため亡くなったロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカル、シーナさん(本名:鮎川悦子=享年61)の通夜が18日、東京・下北沢の森巌寺 開山堂にて営まれた。喪主を務めた夫で同バンドのギタリスト・鮎川誠(66)は声を震わせながら「病気が発覚して、シーナは治療かロックか、迷わず最後までロックをするって選びました。死期が近いと知ったときは『みんなにありがとうって言いたい。よろしく言っておいて』と言っていた」と涙した。

【写真】その他の写真を見る


 福岡県北九州市出身のシーナさんは78年に鮎川とともにバンドを結成し、「涙のハイウェイ」でデビュー。79年に「ユー・メイ・ドリーム」がヒットし、日本を代表する女性ロックシンガーとなった。

 鮎川は「シーナ&ロケッツは3人になりますが、これからもシーナと一緒に飛ばしていきます」と宣言し、焼香の合図として「OK! ヒアカモン、クイーン・オブ・ロックンロール・ハーツ!」とステージでシーナさんを呼び込むように言葉を送ると、最後は「シーナ、ありがとう。バーイ」と別れを告げた。

 もともとはシーナさんが36年間住み慣れ、愛した下北沢で親しい関係者だけでの家族葬の予定だったが、14日夜に訃報が流れた直後からフェイスブックなどにファンからの追悼メッセージが殺到。葬儀に参列してお別れの言葉をかけたいとの声に鮎川が考えを変え、急きょファンの参列が可能になった。

 通夜には生前から交流のあった内田裕也、海援隊、石橋凌、中村獅童らが参列。内田は「新しい日本のロックの夜明けに素晴らしい貢献をしてくれた」と故人を偲んでいた。



関連写真

  • 喪主を務めた夫の鮎川誠 (C)ORICON NewS inc.
  • シーナさん(本名:鮎川悦子=享年61)の遺影 (C)ORICON NewS inc.
  • シーナさん(本名:鮎川悦子=享年61)の祭壇にはゆかりの品が並んだ (C)ORICON NewS inc.
  • シーナさんの通夜には生前から交流があった内田裕也が参列した (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス