• ホーム
  • 映画
  • 辻仁成、息子との熱い絆を明かす「二人でいると最高だよ」

辻仁成、息子との熱い絆を明かす「二人でいると最高だよ」

 作家で歌手の辻仁成が17日、都内で行われた映画『シェフ 三つ星フードトラック始めました』(28日公開)トークイベントに出席。二人暮らしをしている息子に作る料理を紹介する雑誌連載やSNSが話題となっているが「苦しくて悩むときもあるけど、息子と二人でいると最高だよ」と、親子の強い絆を熱く語った。

 現在パリで息子と暮らす辻は「僕は1年前に何もかも失った」と昨年話題になった離婚騒動を振り返りつつ「だけど、息子だけは残ってくれた。息子に料理を作って『おいしい』と言ってくれたことが幸せだったし、新しい人生に向かうための勇気になった」と息子が自分の支えとなってくれたことを告白。

 息子にどのように成長してほしいかを聞かれると「こんなふうに育ってほしい、という理想はない。人生でいろんなことがあるけど、彼らしく成長していってくれたら、それが一番」と自由に育つことを望み「毎日おいしい物だけは作るから、それを食ってよ。愛する人と一緒においしいご飯が食べられたら、それって最高だよね」とこれからも料理を作り続けることを約束した。

 同作は、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴロー監督が制作・監督・脚本・主演の4役を務める話題作。ロサンゼルスの一流レストランを突然辞めた料理人が、家族や仲間と協力してキューバサンドイッチの移動販売を始め、自身の原点や料理に対する情熱を取り戻していく姿を描く。

イベントにはそのほか、『女性自身』編集長の田邉浩司氏が出席した。



関連写真

  • 辻仁成 (C)ORICON NewS inc.
  • 『女性自身』編集長の田邉浩司氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス