• ホーム
  • 映画
  • 哀川翔、最新主演作は感動モノ「ゾンビ映画って言わないで」

哀川翔、最新主演作は感動モノ「ゾンビ映画って言わないで」

 俳優の哀川翔が17日、東京・吉本興業東京本部で行われた『島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭』概要発表会見に出席。同映画祭の特別招待作品となっている芸能生活30周年記念の主演映画『Zアイランド』(5月16日公開)について、「ゾンビ映画って言わないで」と熱弁した。

 同作は、謎の病気がまん延した島を舞台に、ヤクザ同士の抗争とゾンビとの戦いを描いたアクションエンタテインメント。ゾンビメイクをした出演者の姿なども話題となっているが、「自分はヤクザものの人情ドラマだと思っている。ゾンビ映画とは言わないでください」といい、「後半は泣きますよ」と自信をにじませていた。

 自ら品川ヒロシに監督を頼んだといい、「友達だったから」と冗談めかしつつ「いい作品を撮るから。引き受けてくれたときは超喜びましたよ」と説明。佐渡島で行ったという撮影では、品川監督からは「翔さんは、撮影の合間にアジを50匹釣っていた」と暴露されていた。

 沖縄国際映画祭は、7回目を迎える今年、名称を『島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭』にリニューアル。沖縄県内の各所を会場に3月25日から29日まで開催する。

 会見にはそのほか、前川真悟かりゆし58)、大沢ケイミ、スリムクラブGALETTeスルースキルズ、41市町村全力応援芸人として宮川たま子、カシスオレンジ 仲本、ありんくりん クリス、飛び出せ!マーメイド 岩田、どさんこ室田が出席。司会はガレッジセール木佐彩子が務めた。



関連写真

  • 主演映画について熱弁した哀川翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 哀川翔主演映画『Zアイランド』の監督を務めた品川庄司・品川ヒロシ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス