• ホーム
  • 芸能
  • “もしもの世界”の実体験をドラマ化 『あなたの知るかもしれない世界』第6弾放送

“もしもの世界”の実体験をドラマ化 『あなたの知るかもしれない世界』第6弾放送

 ひょっとしたら自分の身にも降りかかるかもしれない“万が一の世界”をのぞいてみるフジテレビ系『あなたの知るかもしれない世界6』(17日放送 後7:00〜8:54)が約1年ぶりに放送される。同番組は、“もしもの世界”を実際に体験した人々に取材し、そのエピソードを元にした“すべて実話の物語”をドラマ化。フィクションに取材中のリアルな“実写映像”を混ぜ込むことで独特の没入感を誘う。

 今回の実話ドラマは、身近な話題なのに“意外と知らない”、言われてみれば真実が知りたくなる話題ばかり。今回のラインナップは次の4本。

 ふとした事がきっかけで霊能力を身につけてしまった男の苦悩を描く「オバケがみえるようになってしまったら」。出演は、原田泰造片岡明日香堀内健。ニオイに敏感だったり、人や食べ物などの好き嫌いがはっきりしている人は霊能力を身につけている可能性が高いらしい。

 女優の岩佐真悠子が着ぐるみの中の人を演じる「ゆるキャラに入ることになったら」は、意外と知られていない、ゆるキャラの中の人の戸惑いと苦悩を描きつつ、その仕事の素晴らしさに気づき、喜びを感じていく女性の話。

 野々村真が演じる「わが子が自転車事故を起こしてしまったら」は、場合によっては慰謝料が数千万〜億にものぼる自転車事故がテーマ。子供が自転車事故を起こしたことにより、幸せな家庭が一気に奈落の底へ落ちていく、ある種のパニックムービーの様なドラマに仕上がった。

 旅行先として人気のハワイだが、移住となると決して甘くはない。「あこがれのハワイ移住をしてみたら」では、日本とはあまりに違う環境に戸惑う一家を神保悟志遠野なぎこ、堀内健らの出演で描く。



オリコントピックス