• ホーム
  • 芸能
  • 大島優子、ヤクザ“足抜け”担当刑事に 初主演ドラマで堤幸彦氏とタッグ

大島優子、ヤクザ“足抜け”担当刑事に 初主演ドラマで堤幸彦氏とタッグ

 女優・大島優子(26)が4月スタートのTBS系『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(毎週木曜 後9:00)で連続ドラマに初主演することが16日、わかった。大島は「AKB48を卒業して独り立ちし、今後も自分が続けていきたい役者として、連続ドラマの主演を務めさせていただくことをとても光栄に思います」と意気込んでいる。

 同ドラマは、警視庁組織犯罪対策部の「暴力団離脱者相談電話」、通称「足抜けコール」を舞台に、大島演じる女刑事・永光麦秋(ながみつ・ばくしゅう)が、堅気に戻ろうとする保護対象者を脅す“敵”に立ち向かう刑事ドラマにして、人間ドラマ。同局によると、足抜けコールの警察官を描いたドラマは史上初という。

 足抜けコールは、暴力団対策法施行(1992年3月)など暴力団取り締まり強化の流れの中で生まれ、構成員から“足抜けコール”があると本人と連絡を取り、保護し、就職先をあっせんする。そこには「暴力団から抜けたい」「暴力団を解散したい」「暴力団から抜けたが生活する手段がない」などさまざまな相談が寄せられるが、麦秋は保護対象者が脅されるやいなや、巨大な敵に身一つで立ち向かい、容赦なくたたきのめしていく。

 同作で演出を務める堤幸彦氏は「今回大島さんが演じる麦秋は怖い人です。すごく怖い人。本来、大島さんはとても勘がいい方なのですが、今回はその勘のよさを封印して、本音のわからないお芝居をして欲しいと思っています」と期待し「とにかく目で、眼光でお芝居をして頂きたい。麦秋の理知的かつ不気味さがこのストーリーのメインなので、それが伝わるよう一生懸命やりたいと思ってます」とコメント。

 大島も「堤監督の作るキャラクターはかなり個性的なので、現場で話し合いながら、皆さんにインパクトを残せるキャラクターを考えていきたいと思っています」と力を込める。

 また、『相棒』『科捜研の女』シリーズなど多くの刑事ドラマを手がけ、本作で脚本を担当する櫻井武晴氏は「バクちゃんのイメージは色で言うと真っ青で冷酷です。表情豊かな役ではないので、ひとつの表情でいろいろな感情をださなければならない。能面を見ていても、能面は能面だけど、あれで怒りや悲しみを表していて…」と大島が挑む役どころの難しさを明かしつつも「堤監督と大島さんがどのように作り上げてくれるのか、楽しみにしています」と期待を寄せている。



オリコントピックス