• ホーム
  • 芸能
  • ひとり&鬼奴、“女優”イモトと初共演「気兼ねなくできた」

ひとり&鬼奴、“女優”イモトと初共演「気兼ねなくできた」

 お笑いタレントのイモトアヤコが主演する日本テレビ系金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『結婚に一番近くて遠い女』(3月6日 後9:00)の追加キャストが発表され、お笑い芸人の劇団ひとり椿鬼奴、女優の稲森いずみが出演していることがわかった。ひとりは、イモトのレギュラー番組『ネプ&イモトの世界番付』(毎週金曜 後7:56)から、鬼奴は『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)からスペシャルゲストとして参戦。バラエティーからの心強い援軍にイモトは「ドラマ共演は初めてですが、お二人がいるだけで安心感がすごいあります! 何か任せようと思っちゃいました」と信頼を寄せた。

 ブライダル業界を舞台に「ブス」とさげすまれながらも持ち前の陽気なキャラで、格式高き式場のウェディングプランナーを務めている別府すみれ(イモト)が、突然訪れた恋と、ワケあり新婦との関わりの中で、コンプレックスを乗り越え成長していく姿を描く同作。2人はすみれの行きつけの居酒屋の店主と店員として登場する。

 イモトとの共演にひとりは「本当に主演女優とは思えない貫録のなさ?安心感という意味ですよ…。普通は『あ〜、主演女優だ!』と思って気負ってしまうのですが、気兼ねなくできたので素晴らしい主演女優だと思います」と感心。鬼奴も「居酒屋のシーンだったんですけど、とけ込んでいらっしゃって。現場に入った時、(イモトを)ちょっと探しちゃいました…」を笑わせた。

 稲森は物語の大きな鍵を握る謎の女性役でドラマの終盤に登場。“女優”イモトについて「かわいかったです。すごく元気がよくて本当にこちらまで元気をもらえるそんな演技をされる方だなあって。素直な気持ちが伝わってきました」と太鼓判。自身の役どころの詳細は伏せられているが「最後に私が出てきて皆さんが納得するような演技をしなきゃと思っていたんですけど、共演者の方の演技のお陰で伝えられたかなと思います」と自信を込めた。



関連写真

  • 日本テレビ系金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『結婚に一番近くて遠い女』(3月6日放送)に椿鬼奴と劇団ひとりが登場。イモトアヤコ、城田優と共演(C)日本テレビ
  • 『結婚に一番近くて遠い女』(3月6日放送)に謎の女性として登場する稲森いずみ (C)日本テレビ

オリコントピックス